登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

8度目の優勝までの道のり

試合数:42
勝利:24
引き分け:12
敗戦:6

総ゴール数:67
総失点数:31
最大得点差をつけての勝利:5-0で勝利したコヴェントリー戦(H)

MANUTD.COM The Official Website

Please upgrade to the latest version of Flash Player
Once the new Macromedia Flash Player has been installed,
please revisit the site in a new browser window.

02 July 2011  Report by Mark Froggatt

映像:1992-93シーズン

前年に惜しくもリーグ優勝を逃したユナイテッドは、エリック・カントナの影響力等で奮闘し、実に 26 年ぶりとなる優勝を記録。再びイングランドフットボール界のトップに返り咲いた。

1992年11月、ライバルのリーズからユナイテッドに移籍したカントナは、言葉では言い表すことが出来ない何かをプレーでチームメートに見せ、全員のやる気を促した。これが功を奏し、最終的に2位アストン・ヴィラと勝ち点10差を付けて優勝。

優勝の立役者はカントナだったが、15得点を記録したマーク・ヒューズ、そしてMFポール・インスの活躍も目立った。

また、シーズン終盤のシェフィールド・ウェンズデイ戦では、スティーヴ・ブルースがヘッドで2点を記録し、見事な逆転勝利を演出した。

【関連記事】
映像:1993-94シーズン
映像:1996-97シーズン