登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

01/02/2011  Report by Stewart Gardner

プログ:成長を続けるエルナンデス

ジム・ローラーはハビエル・エルナンデス(愛称チチャリート)の活躍を喜んでいるに違いない。

ユナイテッドのチーフスカウトであるローラーは、昨年初めにチバスでプレーするエルナンデスの視察のためメキシコへ飛んだ。ジムの推薦によりユナイテッドは若きFWと昨年4月に契約を締結。

当時、全く知名度がなかったエルナンデスの移籍には、多くのユナイテッドのファンから疑問の声が上がっていたが、ワールドカップでフランスとアルゼンチン相手にゴールを決めてからは周囲の評価が一変。ユナイテッドはダイアモンドの原石を手に入れていたということになるが、問題は、展開が速く、強いフィジカルが要求されるプレミアリーグのサッカーに適応することができるかどうかということだった。

その答えは、26試合中11得点という結果を見れば明らかである。29日のサウサンプトン戦ではまさにゴールスコアラーと呼ぶにふさわしいゴールを決め、25日のブラックプール戦でも途中出場から同点ゴールを決めた。

エルナンデスはプレミアリーグ、チャンピオンズリーグ、FAカップ、カーリングカップ、コミュニティーシールドの全ての大会で得点している。ユナイテッドにきて初めて

ページ 1 / 3 次へ » 


あらゆる大会で活躍するチチャリート

 

「エルナンデスはプレミアリーグ、チャンピオンズリーグ、FAカップ、カーリングカップ、コミュニティーシールドの全ての大会で得点している。ユナイテッドにきて初めてのシーズンにしては上出来さ」

― スチュワート・ガードナー

この記事の内容は筆者の個人的な意見であり、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドFCの見解を反映するものではありません。