登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

02/02/2011 

ファーガソン監督の最新コラム

1日のオールド・トラッフォードで対戦したアストン・ヴィラのジェラール・ウリエ監督をとは、リヴァプール時代から良い関係を築いている。6年前にフランスに戻ってからは、リヨンを2年連続のリーグ制覇に導いた。フランス・サッカー協会でも素晴らしい仕事をして、去年からイングランドに戻って来て、アストン・ヴィラを率いている。

プレミアリーグには優秀な選手が揃った、良いクラブがたくさんあるから、オファーがあれば断れないだろうし、ウリエ監督の場合、イングランドでやり残したことがあると思っていたのかもしれないね。

ヴィラは先日、サンダーランドからダレン・ベントを獲得した。ジェラールはもちろん、ファンも喜んでいることだろう。今シーズンのヴィラは低迷しているが、最近は調子を上げている。

若い選手が多いし、11月のヴィラ・パークの試合では、2点のリードを許してしまった。最後は土壇場で2点を奪って2-2のドローに持ち込んだが、苦しい試合だった。

ディミタール・ベルバトフがハットトリックを何度もマークしている一方、ウェイン・ルーニーは精彩を欠いているという批判があるようだが、ただゴールを奪っていないだけで、プレーに関しては問題ないと思っている。心配はしていないよ。

ベルバトフが最終的に30ゴールを奪い、ウェインがたとえ10ゴールであっても、私は満足するだろう。現在の彼らはアンディー・コールとドゥワイト・ヨークに匹敵するぐらい素晴らしいコンビネーションを築いている。彼らが活躍すればチームは必ず勝ってきているからね。