登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

09/01/2011 

ファーガソン監督最新コラム

我々にとって今シーズン最初のFAカップの試合が、9日のリヴァプール戦で幕を開けた。リヴァプールは私がマンチェスター・ユナイテッドの監督になって一番に意識したクラブだ。

1980年代当時は彼らの全盛期で、リヴァプールを倒さないと、トロフィーは獲得できない状況だった。

ただし、私たちも努力したが、イングランドの覇権交代も進んでおり、リヴァプールは勢いを失っている時期だった。

リヴァプールは歴史と伝統のあるクラブであり、とても尊敬している。偉大な選手も数多く輩出してきたしね。現在はリーグでトップ4から大きく後退しているが、強敵に変わりなく、今回は敵地アンフィールドではなく、ホームのオールド・トラッフォードで対戦できて良かったよ。

カップ戦と言えば、来月からはチャンピオンズリーグが再開され、マルセイユと当たることになっている。前回の対戦のときは、我々が欧州王者としてプレーしたが、グループリーグで彼らに負けている(アウェーゲーム)。それでも決勝トーナメントには勝ち進んだが、ベスト8でレアル・マドリーに敗れてしまった。

これからまだまだ重要な試合を控えている。年末年始の4試合は過密日程の中で行われた。だが、好成績を残したことで、疲れはあるものの、精神的にはホッとしているよ。