登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

19/01/2011  Report by James Tuck
ページ 1 / 3 次へ » 

ブログ:快進撃はこれから

ユナイテッドのファンでもある私は、ジャーナリストとしてオールド・トラッフォードに毎日足を運んでいるが、ここ最近ユナイテッドの心許ないパフォーマンスを指摘する声をよく耳にする。

しかし私は言いたい。現在リーグ首位に立っているではないかと。勝つことは当然のこと、ゲームに興奮を求めるユナイテッドのサポーターにしてみれば、息をのむような素晴らしいパフォーマンスが見られないのは物足りないのだろう。

しかし全てを要求するのは贅沢というものだ。無敗を続けていることだけでも喜ぶべきだろう。ウェイン・ルーニーがベストの状態に戻るのも時間の問題だ。そうすればチームの調子も一気に上昇するはずだと、私は考えている。

好材料に目を向けよう。最も注目すべきは安定した守りだ。ネマニャ・ヴィディッチは好調を続けており、リオ・ファーディナンドと組むことで鉄壁のDFが出来上がる。これまで多くのゴールを許しておらず、チームに大きく貢献している。

攻撃面ではゴール数が伸び悩んでいるという声もある。しかしユナイテッドはリーグ2位の得点を挙げている。現在の1試合平均1.93得点をいう数字を上回ったのは過去20シーズンを振り返っても8試合だけだ。

また勝ち点を十分稼いでいないという嘆きも聞かれるが、この時点での勝ち点45は、2003-04シーズンにアーセナルがリーグ優勝を果たした時よりわずかに4ポイント少ないだけで、ほぼ同じペースと言える。

ページ 1 / 3 次へ »