登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

10/01/2011  Report by Stewart Gardner

期待と称賛を勝ち取ったエヴァンス

9日に戦った FAカップ・リヴァプール戦 から一夜空け、試合について語る人々の間ではディミタール・ベルバトフ、ライアン・ギグス、スティーヴン・ジェラード、ケニー・ダルグリッシュ監督、ハワード・ウェッブ主審といった名前が頻出したことだろう。しかし私は敢えて、ジョニー・エヴァンスに注目したい。

リヴァプール戦はエヴァンスにとって、真価を問われる一戦だった。そしてその大きなプレッシャーの中、北アイルランド代表は成長ぶりを見せてくれた。11月末に出場したカーリングカップ・ウェストハム戦で失態を演じて以来、実に1ヵ月半ぶりとなるピッチだった。

ウェストハム戦の後、エヴァンスはユナイテッドのサポーターから痛烈な批判を浴びた。そのような経験は若い選手たちの自信を喪失させるものだし、私も実のところ、彼がかなりの精神的ダメージを受けているだろうと思っていた。

リヴァプール戦にネマニャ・ヴィディッチとリオ・ファーディナンドが欠場することになれば、クリス・スモーリングがその穴を埋めると予想していた。だから、9日のキックオフ1時間前にエヴァンスの先発出場を知ったときは正直驚いた。1ヶ月ぶりに出場する試合で、いきなりフェルナンド・トーレスのような選手と対峙するなど、明らかに

ページ 1 / 3 次へ » 


躍進に期待が集まるエヴァンス

「ウェストハム戦の後、エヴァンスはユナイテッドのサポーターから痛烈な批判を浴びた。しかしエヴァンスはリヴァプール戦で最高のパフォーマンスを見せてくれた。潜在能力を感じさせるプレーで、インターセプションも素晴らしく、絶妙の飛び出しでチームにチャンスをもたらした」

― スチュワート・ガードナー