登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

試合翌日の新聞

「開始22分でドワイト・ヨークにハットトリックを許したことで、アーセナルの守備の脆弱さが浮き彫りとなった。出場停止となっていたユナイテッドFWのアンディ・コールは、イングランド代表に召集されていた為、試合後飛行機で移動したが、乗り物に乗らなくとも、どこにでも行けるくらい気分が高揚していたはずだ」
ショーン・カスティス記者、デイリーエクスプレス紙(2001年2月24日)

MANUTD.COM The Official Website

Please upgrade to the latest version of Flash Player
Once the new Macromedia Flash Player has been installed,
please revisit the site in a new browser window.

29 August 2011  Report by Steve Bartram
ページ 1 / 2 次へ » 

映像:ユナイテッド6-1アーセナル

8-2 でアーセナルに圧勝したユナイテッドは、 2001 年にもガナーズ(アーセナルの愛称)を相手に、オールド・トラッフォードで歴史に残るような勝利を挙げた。

2000-01シーズンはユナイテッドがシーズン開幕から首位を独走し、2月下旬の時点で2位アーセナルと勝ち点13差をつけ、優勝をほぼ確実なものとしていた。
23日に行われた天王山、アーセナルが勝てば逆転優勝の望みはあったものの、ユナイテッドは守備の乱れを見逃さなかった。

開始3分、ポール・スコールズのクロスにドワイト・ヨークが合わせて先制すると、その後ヨークが大爆発。22分までにハットトリックを達成した。アーセナルはティエリ・アンリが何とか1点を返すのが精一杯で、ユナイテッドはロイ・キーン、オーレ・グンナー・スールシャール、そして最後はテディ・シェリンガムが6点目を決め、息の根を止めた。

大敗を喫したアーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督は「まだ3月にもなっていないというのに、シーズンは終わった。チームにとっても非常に痛い負け。精神的に厳しい」とコメント。

ページ 1 / 2 次へ »