登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

ユナイテッド 7
コール(17、19、45分)、ギグス(43、56分)、スコールズ(59分)、ポボルスキー(80分)

バーンズリー 0

プレミアリーグ
オールド・トラッフォード 1997年10月25日
観衆 5万5142人

ユナイテッド:シュマイケル、G・ネヴィル、パリスター(63分にウォールワークと交代)、カーティス、P・ネヴィル、ベッカム(55分にポボルスキーと交代)、スコールズ(69分にクライフと交代)、バット、ギグス、コール、スールシャール

MANUTD.COM The Official Website

Please upgrade to the latest version of Flash Player
Once the new Macromedia Flash Player has been installed,
please revisit the site in a new browser window.

01 September 2011  Report by J Tuck & L Kane
ページ 1 / 2 次へ » 

映像:バーンズリー 7-0

8-2 というスコアで完勝したアーセナル戦を受け、直近の試合で 6 点差以上を付けて勝った 8 試合を振り返ってみる。

前回まで紹介した大量得点差を付けた圧勝劇は、9-0で勝利したイプスイッチ戦(1995年)、そしてオーレ・グンナー・スールシャールが見事なパフォーマンスを披露し8-1で勝ったノッティンガム・フォレスト戦(1999年)の2試合。
今回の圧勝劇は、これら2試合の丁度中間時期の試合で、1997年10月25日に7-0で勝利したバーンズリー戦だ。

これまでの2試合同様、アンディ・コールの活躍が目立ち、前半中にハットトリックを達成。そこにライアン・ギグス(2点)、ポール・スコールズ、そしてチェコ出身ウィンガーのカレル・ポボルスキーが続いた。

結果としてバーンズリーはリーグ史上最悪の得失点差を記録し2部に降格。
ユナイテッドにとっては、前身であるニュートン・ヒース時代までに遡っても、チーム史上8度目となる7-0での勝利となった。

ページ 1 / 2 次へ »