登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

ウェイン・ルーニーはチャンピオンズリーグ準々決勝という大舞台で、なんと5シーズン連続で得点を決めている。

2006-07:ローマ(アウェー&ホーム)
2007-08:ローマ(アウェー)
2008-09:ポルト(ホーム)
2009-10:バイエルン・ミュンヘン(アウェー)
2010-11:チェルシー(アウェー)

MANUTD.COM The Official Website

Please upgrade to the latest version of Flash Player
Once the new Macromedia Flash Player has been installed,
please revisit the site in a new browser window.

08 April 2011  Report by M Froggatt, M Shaw

映像:CL準々決勝のキング

ウェイン・ルーニーは、過去 5 シーズン連続でチャンピオンズリーグ準々決勝でゴールを記録。今シーズンの 8 強では鬼門スタンフォード・ブリッジ(チェルシーの本拠地)での第 1 戦で、決勝点を挙げた。

この記録が始まったのは2007年から。セリエAのローマと対戦したユナイテッドは、ルーニーの得点等を含む2試合合計8-3で完勝。その翌年の準々決勝でもローマと対戦したユナイテッドは、ルーニーがオリンピコ(ローマの本拠地)で価値ある得点を決め、再びイタリアの古豪を蹴落とした。

2009年のチャンピオンズリーグ準々決勝では、ホームでのポルト戦で1点を記録し2-2の引き分けに貢献。昨年はバイエルン・ミュンヘンのホームであるアリアンツ・アレーナで大きな意味のある1点を挙げ、ユナイテッドが1-0でアウェー勝利を記録した。

【関連動画】
映像:ルーニーのハットトリック