登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

20/09/2010  Report by Stewart Gardner

サッカーの醍醐味を満喫

リヴァプール戦での3-2の勝利の後、MUTVのコメンテーター、ステュワート・ガードナーが興奮しながら自身のブログを更新した。

リヴァプールとの激闘はサッカーの醍醐味に満ちていた。あそこまで感動的な90分間があるだろうか?

エヴァートン戦ではプレミアリーグ史に残る終了間際のドラマを見た。そして今週、ユナイテッドファンは白熱のリヴァプール戦を堪能した。強豪同士の対決というのは時に手堅い試合展開となり、多くのゴールを見ることができない。だが、今回の両チームの対決は違った。

前半のユナイテッドはリヴァプールを圧倒した。テンポと鋭さを併せ持ち、そのまま試合を決めるかに思われた。だがリヴァプールも屈しなかった。試合終了間際のユナイテッドの決定打がなければ両者は引き分けていただろう。

試合終了後、アレックス・ファーガソン監督はリヴァプールを圧倒しながらも、その内容に相応しい快勝ではなかったことに苛立っているようだった。しかしこのような劇的な試合展開を見せてくれるのもユナイテッドではないだろうか。

ディミタール・ベルバトフの活躍は素晴らしかった。彼の2点目は、私がオールド・トラッフォードで見た中でも最も美しいゴールの一つだった。もしも私があんな活躍をした後なら喜んでインタビューに答えるだろう。だが、ディ

ページ 1 / 2 次へ » 


称賛されるベルバトフ

「2点目は私がオールド・トラッフォードで見た中でも最も美しいゴールの一つだった。もしも私があんな活躍をした後なら喜んでインタビューに答えるだろう。だが、ディミタールは違った。試合後、彼の下にインタビューを申し込みに行くと、マッチボールにサインを終えてできるだけ早く帰りたがったんだ」

―ステュワート・ガードナー