登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

掲示板で意見を交わそう!

「初めてフル出場を果たしたベベが決めたゴールには胸が躍った。ユナイテッドに加入した当初、彼は各方面から批判を浴びた。おかげで確かに知名度は上がったかも知れないが(!)、大きな試練だったはずだ。しかしこの試合で決めたゴールが、彼の可能性を示し、ユナイテッドのウインガーとしての適性をうかがわせてくれた」
─ デイヴィッド・ストウェル

ユナイテッドはカーリングカップで3連覇できるできるだろうか? 掲示板で意見を交わそう!

この記事の内容は筆者の個人的な意見であり、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドFCの見解を反映するものではありません。

28/10/2010  Report by David Stowell, MUTV

ブログ:リーグカップは面白い

MUTVのデイヴィッド・ストウェルがカーリングカップへの思いを綴った。

人生には理屈では説明できないことがある。罪深き楽しみもその1つだ。それほど入れ込んでいるつもりはないのに、ついついどっぷり漬かってしまう。私にとってカーリングカップがそれである。

カーリングカップよりも他の大会を重視するクラブは多いようだが、私は決してそんなことはない。コメンテーターとして4年間カーリングカップの試合を見守り続けてきたのだから。しかしウルヴス戦の前半は例外だった。

前半、あまりの動きのなさにパディー・クレランドと私はMUTVの席でうつらうつらと舟をこぎそうになった。両者ともゴールを奪おうと必死だったが、得点の気配はほとんどない。スタンドも歓声を上げる場面に出会えずに静まり返っていた。ハーフタイムの後、選手たちが再びピッチに戻るのを眺めながら、前半のような退屈な時間が続くのではないかと内心不安だった。しかし後半開始と同時に試合が活気付き、見応えのある45分が展開されたのだ。

ページ 1 / 3 次へ »