登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

写真は1993年のガラタサライ戦のもので、マーク・ヒューズがボールを要求する場面。

手強いトルコ勢とのこれまでの戦績をチェックしよう!
02/11/2010  Report by Mark Froggatt
ページ 1 / 2 次へ » 

トルコ勢との対戦成績

オールド・トラッフォードにおいてブルサスポルに勝利し、今回は敵のホームで戦うユナイテッド。ユナイテッドにとって常に厳しい戦いだったトルコ勢との戦績を紹介する。

ブルサスポル 1試合
1勝1得点
今回が2度目の対戦となるブルサスポル。昨シーズンのトルコリーグ王者である彼らだが、10月20日に行われたユナイテッドのホームでの試合では、ナーニが挙げた試合序盤のゴールによって終始ユナイテッドが優勢に試合を進めた。すでにブルサスポルが決勝トーナメントに進出する可能性は断たれているが、彼らは誇りを賭けてユナイテッドに挑んでくるだろう。

ガラタサライ 4試合1勝3引き分け7得点3失点
ガラタサライに対して無敗のユナイテッドだが、彼らに許した3失点により、1993-94シーズンのチャンピオンズリーグ決勝トーナメント進出が不可能となった。アウェーの地で0-2から3-3の引き分けに持ち込んだガラタサライ。彼らのホームでの第2戦に乗り込んだユナイテッドを空港で待ち受けていた横断幕には「地獄へようこそ」の文字が刻まれていた。そしてその言葉は現実のものとなった。ユナイテッドはバルセロナ、イェテボリに勝利しながらも、このガラタサライとのアウェーゲームを0-0と引き分けたことで、決勝トーナメント進出を逃したのだった。

フェネルバフチェ 4試合2勝2敗8得点6失点
1996年10月30日、ユナイテッドはオールド・トラッフォードにおけるヨーロッパ戦での無敗記録をフェネルバフチェによって止められてしまった。その2週間前のフェネルバフチェのホームゲームでは2-0と勝利していたユナイテッドだが、リーグ戦ではニューカッスル戦(0-5)、サウサンプトン戦(3-6)と連敗中だった。その悪い流れと共に試合に臨んでしまったユナイテッドは、1956年にアンデルレヒトに0-10と敗れて以来続いていたホームでのヨーロッパ戦無敗記録を56試合で
止められてしまった。逆に2004年9月にはフェネルバフチェのホームで6-2という大勝を記録している。この試合ではウェイン・ルーニーがユナイテッドでのデビュー戦ゴールを挙げ、ハットトリックも達成。続くオールド・トラッフォードの試合では3-0とフェネルバフチェが勝利したものの、ユナイテッドはすでにグループリーグ突破を決めていた。

ページ 1 / 2 次へ »