登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集


のんきな性格だが、2009-10シーズンにユナイテッドと期限付き移籍先のプレストンで見せたように、ここぞというときには仕事をする。

出場数:7(4)(リーグ戦1(4)、FAカップ1、リーグカップ3、チャンピオンズリーグ2)

ゴール数:2(リーグカップ2)

シーズン中のコメント:「あのゴールがダニーの能力のすべてを物語っている」アレックス・ファーガソン監督、カーリングカップのウルヴス戦に勝ったあと

一言で:成長途上

MANUTD.COM The Official Website

Please upgrade to the latest version of Flash Player
Once the new Macromedia Flash Player has been installed,
please revisit the site in a new browser window.

28 May 2010  Report by Ben Ashby
ページ 1 / 2 次へ » 

選手レビュー:ウェルベック

ダニー・ウェルベックは、2つのクラブのファンの前でストライカーとしての才能を披露したものの、シーズン終盤にひざの負傷で離脱したのは残念だった。

シーズン全般:ウルヴスと対戦した9月のカーリングカップ3回戦でゴールを決め、チームを1-0の勝利に導くと、その1週間半後には、サンダーランドとのリーグ戦で初先発を果たした(試合は2-2のドロー。ウェルベックにとってはこれがリーグ戦唯一の先発出場となった)。その後のボルトンとのリーグ戦は交代出場だったものの、続くバーンズリーとのカーリングカップ4回戦では再び先発で起用され、またしてもゴールをマークした(チームは2-0で勝利)。さらにベジクタシュ戦でチャンピオンズリーグデビューも飾ったが、試合には0-1で負けてしまったので、ウェルベックにとっては複雑な思いだっただろう。
その後はカーリングカップのトッテナム戦、チャンピオンズリーグのヴォルフスブルク戦、FAカップのリーズ戦で先発し、リーグ戦でも何試合か途中出場したが、マメ・ビラム・ディウフが加入したため、1月にアレックス・ファーガソン監督の息子のダレンが指揮官を務めるプレストンへシーズン終了まで移籍することになった。最初の3試合で2点を挙げ、出足は好調だったものの、3月にひざを負傷してしまい、その後は治療に専念することになってしまった。

ページ 1 / 2 次へ »