登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

テクニックはもちろんのこと、ファン・デル・サールの選手としての気質、経験は、相手のFWにとって脅威になるが、同時に、周囲の選手にとっては、安心感を与える存在となっている。

出場数:28(リーグ戦20、リーグカップ2、チャンピオンズリーグ6)
失点:25
無失点試合:14
シーズン中のコメント:「全面的に信頼している。チームメート全員がね」ネマニャ・ヴィディッチ
一言で:安定

MANUTD.COM The Official Website

Please upgrade to the latest version of Flash Player
Once the new Macromedia Flash Player has been installed,
please revisit the site in a new browser window.

11 May 2010  Report by Ben Ashby & Ben Hibbs
ページ 1 / 2 次へ » 

選手レビュー:エドウィン

シーズン序盤はけがで戦列を離脱したものの、復帰してからは、冷静なプレーで守備陣を統率した。

シーズン全般:プレシーズンのバイエルン・ミュンヘン戦で指を骨折したため、2009-10シーズンの最初の公式戦は10月17日のボルトン戦だった(2-1で勝利)。しかし、ひざの故障や家族の病気の問題もあって、1月中旬までのリーグ戦での先発は、その試合を含めて5試合だけだった。「出たり出なかったりでフラストレーションが溜まる時期だった」とファン・デル・サールは復帰にさいしてコメントしている。「だがようやく戻ることができてうれしい」
3-0で勝利した1月16日のバーンリー戦は、39歳79日での出場となり、ユナイテッドの戦後の最年長出場記録をつくった。落ち着いたプレー、豊富な経験、俊敏な反応によるブロック、足元の上手さなどで、チームに大きく貢献している。2009-10シーズンのユナイテッドは再び安定した守備を見せたが、その中心にいたのがファン・デル・サールだった。

注目のプレー:4-0で勝利したボルトン戦でのセーブは、シャンパンを開けるほどのものではなかったかもしれないが、ファブリス・ムアンバの一撃を指先で弾いたプレーは、ManUtd.comによるセーブ・オブ・ザ・シーズンに見事に選ばれた。

ページ 1 / 2 次へ »