登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

鋭い読みを生かし、年齢的な衰えをカバーしたスコールジーが、ユナイテッドの中盤に君臨し続けたのも不思議ではない。

出場数:32(6)(リーグ戦24(4)、リーグカップ1(1)、チャンピオンズリーグ7(0)、コミュニティーシールド0(1))

ゴール数:7(リーグ戦3、リーグカップ1、チャンピオンズリーグ3)

シーズン中のコメント:「今までと同様、あるいは全盛期に劣らないほど素晴らしかった。豊かな才能に経験が加わり、チームに大きな力を与えてくれる」アレックス・ファーガソン監督

一言で:神出鬼没

MANUTD.COM The Official Website

Please upgrade to the latest version of Flash Player
Once the new Macromedia Flash Player has been installed,
please revisit the site in a new browser window.

27 May 2010  Report by Johnny Sharp
ページ 1 / 2 次へ » 

選手レビュー:スコールズ

トップレベルのプレーを維持できなくなったと感じたようだが、そう思ったのは本人だけだろう。

シーズン全般:長年にわたり、他のクラブのサポーターから最も評価されているユナイテッドの選手がポール・スコールズだ。控えめな性格だけでなく、チームプレーに徹しながらも決定的な役割を果たす姿が称賛されるのだろう。昨年11月に35歳となったベテランMFは、トップレベルで活躍したこの15年間に体を酷使。引退を考えているとも囁かれたが、体の痛みを感じさせないプレーでチームをけん引した。重要なゴールを奪う力も健在で、ベシクタシュ戦やウルヴス戦、マンチェスター・シティー戦では試合唯一のゴールを決めて勝利に貢献。敵地でのミラン戦やリーグカップのマンチェスター・シティー戦でも、大舞台に強いところを改めて証明した。スコールズが1年間の契約延長にサインしたことは、今シーズンの明るい話題の一つだった。

注目のプレー:何度となく貴重なゴールを決めてきたが、敵地でのマンチェスター・シティー戦の終了間際に奪った1点も圧巻だった。マーカーの視界から消え、クロスを頭で合わせたこのゴールは、スコールズの特徴が最高のタイミングで生かされた瞬間だった。

来シーズンへ向けて:本人が望む限り、スコールズはいつまでもユナイテッドでプレーし続けられるはずだ。スピードや身体能力では勝負できなくなったが、最低でもあと1

ページ 1 / 2 次へ »