登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

1996年5月5日
試合結果
ミドルスブラ 0-3 ユナイテッド
ニューカッスル 1-1 トッテナム

最終順位
1位 ユナイテッド
(25勝6敗7引き分け 勝ち点82)
2位 ニューカッスル
(24勝8敗6 引き分け 勝ち点78)

「バスビー・ベイブスの生まれ変わりがリヴァーサイドに集結したようだった。新しい世紀を迎えるとき、彼らが本物のスターになっているかどうかはまだ分からない」
─ 『デイリー・メール』紙

MANUTD.COM The Official Website

Please upgrade to the latest version of Flash Player
Once the new Macromedia Flash Player has been installed,
please revisit the site in a new browser window.

07 May 2010  Report by Steve Bartram
ページ 1 / 2 次へ » 

最終戦のドラマ:95-96シーズン

9日の最終戦ではチェルシーが取りこぼすことが条件となるが、ユナイテッドにも優勝の可能性は残っている。ユナイテッドがこれまで最終戦で王者に輝いたことは3度ある。最初は1996年のことで、対戦相手はミドルスブラだった。

試合前:ケヴィン・キーガン監督率いるニューカッスルは、ノッティンガム・フォレストと痛いドローに終わり、ユナイテッドと勝ち点2差の2位で、トッテナムとのホームでの最終戦を迎えた。得失点差で上回るユナイテッドは敵地でミドルスブラと戦った。

試合:ユナイテッドは13分に早くも先制する。ライアン・ギグスのCKから、デイヴィッド・メイがヘディングシュートを決めた。さらに交代出場したアンディ・コールがファーストタッチでルーズボールを押し込み、リードを2点に広げると、ギグスが約25メートルのシュートを沈め、勝利とリーグ優勝を確実にした。ニューカッスルは結局、トッテナムと引き分けに終わった。

コメント:「優勝にふさわしいチームだ」とアレックス・ファーガソン監督。「年が明けてからいいサッカーをしていたし、ミスも犯さなかった」

ページ 1 / 2 次へ »