登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

2008年5月11日
試合結果

ウィガン 0-2 ユナイテッド
チェルシー 1-1 ボルトン

最終順位
1位 ユナイテッド(27勝5敗6分け 勝ち点87)
2位 チェルシー(25勝3敗10分け 勝ち点85)
「ユナイテッドにふさわしいプレミアリーグのタイトルをもたらしたのは、年間最優秀選手のクリスチアーノ・ロナウド、そしてこの特別なクラブの素晴らしさを体現するライアン・ギグスという2人の主役だった」
― 『デイリー・テレグラフ』紙

MANUTD.COM The Official Website

Please upgrade to the latest version of Flash Player
Once the new Macromedia Flash Player has been installed,
please revisit the site in a new browser window.

08 May 2010  Report by Steve Bartram
ページ 1 / 2 次へ » 

最終戦のドラマ:07-08シーズン

今シーズンと同じくチェルシーとデッドヒートを繰り広げた2008年、ユナイテッドは最終節で通算10回目のプレミアリーグ優勝を決めた。

試合前:地元スタンフォード・ブリッジでユナイテッドを2-1で下し、残り2試合への勢いを手に入れたチェルシーは、ホームでの最終節でボルトンと対戦。一方、ウェストハムに快勝して得失点差で優位に立ったユナイテッドは、ウィガンの本拠地で最終節を迎えることになった。

試合:ユナイテッドは序盤こそ動きが堅かったものの、クリスチアーノ・ロナウドのPKで先制。終盤にはライアン・ギグスが勝利を確実にする追加点を挙げ、サー・ボビー・チャールトンに並ぶクラブ歴代最多出場記録の達成に自ら花を添えた。一方のチェルシーは、ホームで1-1の引き分けに終わった。

コメント:モスクワでのチャンピオンズリーグ決勝を前に、アレックス・ファーガソン監督はチームの強さを誇示するようにこう語った。「チャンピオンズリーグを制することができれば、今のユナイテッドは私が率いた中で最強と評価されるべきだ。チームの若さを考えても間違いない」

ページ 1 / 2 次へ »