登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

17/03/2010  Report by Adam Bostock

ブログ:リヴァプール戦への思い

15日、ポーツマスと対戦したリヴァプールは、華麗なる復活劇を演じて見せた。彼らがユナイテッドにとって脅威となると感じている人はいるのだろうか? 私はそうは思わない。

昨年の3月、オールド・トラッフォードでユナイテッドは、ラファエル・ベニーテス監督率いるリヴァプール相手に1-4という衝撃的な敗戦を喫してしまった。先日、リヴァプールがポーツマス相手に同じスコアで勝利を収めたことで、この身も凍るような試合を思い出すこともあるかもしれない。だが、ポーツマス戦は彼らのホームでの試合であり、心配することはそれほどないだろう。(彼らはウィガンとリールのアウェイ2連戦で連敗を喫している)

確かに、ポーツマス戦ではフェルナンド・トーレスが2得点を挙げている。そしてあの春、リヴァプール戦でのネマニャ・ヴィディッチが何をしたのか、誰もが刻銘に記憶していることだろう。だが、ユナイテッドとの対戦を前に、リヴァプールは18日にリールとの激戦が控えている。初戦を落としている彼らは、次のラウンドに進むためには勝利が必要不可欠なのだ。それにフェルナンド・トーレスは、今シーズン度重なる負傷に苦しんでいる。

ページ 1 / 4 次へ » 


対戦成績

ユナイテッド戦3連勝中のリヴァプールだが、通算の対戦成績ではファーガソン監督が依然リードしている。7勝4敗1分という結果を、ファーガソン監督は強調している。13回目の対戦となる今回、最後に笑うのはどちらか?

あなたの意見を投票しよう。