登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

ディヴィジョン1

オールド・トラッフォード、1980年4月5日(土)

マンチェスター・ユナイテッド 2

(トーマス(19分)、B.グリーンホフ(64分))

リヴァプール 1

(ダルグリッシュ(14分))

ユナイテッド:ベイリー、ニコル、ブキャナン、マクウィーン、アルビストン、コッペル、マカリ、ウィルキンス、トーマス、ヨルダン、B・グリーンホフ

出場機会がなかった控え選手:リッチー

リヴァプール:クレメンス、ニール、トンプソン、ハンセン、A・ケニー(リー)、ケース、スーネス、マクダーモット、R・ケネディー、ダルグリッシュ、ジョンソン

MANUTD.COM The Official Website

Please upgrade to the latest version of Flash Player
Once the new Macromedia Flash Player has been installed,
please revisit the site in a new browser window.

18 March 2010  Report by Joe Perry
ページ 1 / 2 次へ » 

回想:80年リヴァプール戦

1980 年の復活祭の土曜日、ユナイテッドはリーグ優勝の望みをかけてホームでのリヴァプール戦に臨んだ。この3 日前に、ユナイテッドはブライアン・クラフ率いるノッティンガム・フォレストに敗戦を喫したばかりだった。

この日、オールド・トラッフォードを訪れた前シーズンの優勝者リヴァプールは、ユナイテッドを勝ち点で6ポイント上回っており、直近のアンフィールドでのストーク戦でも勝利を収めていた。当時は勝利した場合の獲得勝ち点が2ポイントというルールだったので、6ポイントの差を埋めるために、ユナイテッドはシーズン終了までにリヴァプールより3試合多く勝利しなければならなかった。

アクション:リヴァプールはこの試合で最高のスタートを切り、当然のごとく先制点を奪った。ゴードン・マクウィーンが足を滑らせたミスに乗じてケニー・ダルグリッシュがゴールを決めた。しかし、ユナイテッドはすぐにミッキー・トーマスのゴールで同点に追いつき、直後にダルグリッシュが近距離からのシュートでまさかのミスを犯し、得点を逃すというラッキーにも助けられた。幸運で失点をまぬがれたユナイテッドは、ブライアン・グリーンホフの近距離からの

ページ 1 / 2 次へ »