登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

プレミアリーグ
1996年2月25日(日)

ボルトン 0

ユナイテッド 6
(ベッカム 5分、ブルース 15分、コール 70分、スコールズ 76分、79分、バット 89分)

ボルトン:ブラナガン、グリーン、コールマン、フェアクラフ、フィリップス、リー(マクギンレイ)、カーシック、トンプソン、セルラース、ブレイク、デ・フレイタス
出場せず:スタッブス、パーテライネン

ユナイテッド: シュマイケル、フィル・ネヴィル、ブルース、パリスター、アーウィン、ベッカム、バット、キーン、ギグス(マクレアー)、カントナ、スコールズ、コール
出場せず:ギャリー・ネヴィル

MANUTD.COM The Official Website

Please upgrade to the latest version of Flash Player
Once the new Macromedia Flash Player has been installed,
please revisit the site in a new browser window.

25 March 2010  Report by Joe Perry
ページ 1 / 2 次へ » 

回想:96年ボルトン戦

1996年2月、ユナイテッドはボルトンとの大事な試合を戦うために、当時のバーンデン・パークへ向かった。ケヴィン・キーガン率いるニューカッスルに勝ち点4差の遅れをとっていた当時のユナイテッドは、次週にセントジェームズ・パークでのニューカッスル戦を控え、勝ち点3を欲していたのだ。

シーズンの大部分で下位をさまよっていたボルトンにとっては、4年間で3つめのタイトルに挑んでいたユナイテッドとの試合は非常に厳しいものだった。

アクション:ユナイテッドは開始からボールを支配。5分にはライアン・ギグスが素晴らしい走りからボレーシュートを放ったが、惜しくもゴールならず。しかし、有り難いことにデイヴィッド・ベッカムがリバウンドをヘディングで押し込んで先制に成功した。前半終了間際にはスティーヴ・ブルースのヘディングシュートでリードを広げたが、70分頃までボルトンは抵抗を続けた。しかし、アンディ・コールが強烈なシュートを放つと、キース・ブラナガンの手をかすめてゴールネット上部に突き刺さった。最後の20分間には、この日2ゴールを決めたスコールズと、ユナイテッドで素晴らしい日々を送っていたニッキー・バットがチップキックでチームの6点目となるゴールを挙げた。

試合後:ピーター・シュマイケルは素晴らしい能力とエリック・カントナのゴールによって、ユナイテッドはニューカッスル戦で勝ち点3を上乗せした。プレッ

ページ 1 / 2 次へ »