登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

10/03/2010 
ページ 1 / 3 次へ » 

ベッカムのベストゲーム

デイヴィッド・ベッカムは、あの大絶賛を受けた「黄金の92年組」のメンバーの1人で、ユナイテッドで8シーズンに渡ってトロフィーを獲得した。

ユナイテッドで394試合に出場し85ゴールを挙げたデイヴィッド・ベッカムは、ユナイテッドのために常に全力でプレーしてくれていた。以下で彼のベストゲーム7試合を振り返る。

ウィンブルドン 0 ユナイテッド 3、プレミアリーグ、セルハースト・パーク、1996年9月17日
ハーフラインからベッカムが右足を振り抜くと、ボールはGKニール・サリヴァンを打ち破り、ウィンブルドンのゴールネットに突き刺さった。この鮮烈なシュートにより彼は突如として、その名を華々しいサッカー界に知らしめることとなったのだった。この天才的なシュートは、いつもは控えめなキャプテン、エリック・カントナをして、こう言わせている。「素晴らしいゴールだった、デイヴィッド」と。

チェルシー 3 ユナイテッド 5、FAカップ、スタンフォード・ブリッジ、1998年1月4日
ロンドン出身にも関わらず、イングランド北部のクラブでプレーしていたベッカムは、ロンドンでプレーする度に、熱烈な歓迎を受ける宿命にあった。その彼が、試合開始からわずか27分で2ゴールを決め、スタンフォード・ブリッジを黙らせた時の喜びをぜひ、想像してみて欲しい。

ユナイテッド 2 インテル 0、チャンピオンズリーグ、オールド・トラッフォード、1999年3月3日
2度のクロスでドワイト・ヨークの2ゴールをアシストした。「ベッカムが素晴らしかった。インテルは彼やヨークに対

ページ 1 / 3 次へ »