登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

30/06/2010  Report by James Tuck

W杯レビュー:韓国

韓国は決して油断できない相手が揃ったグループBを突破したが、8年前のようにベスト4まで勝ち進むことはできなかった。

ユナイテッドの出場選手:疲れ知らずの韓国代表主将パク・チソン
国名:韓国
出場/得点:4/1
結果:2-0 ギリシャ、1-4 アルゼンチン、2-2 ナイジェリア、1-2 ウルグアイ
概要:パクは南アフリカで輝いた韓国の数少ないプレーヤーの1人だった。
真相:アジア予選を無敗で勝ち抜けた韓国には大きな期待がかけられており、グループリーグ初戦のギリシャ戦で完勝したことで、その期待はさらに膨らむことになった。しかし続くアルゼンチン戦は完敗。それでもナイジェリアとの最終戦を引き分けてベスト16に進んだ。2002年以来となるベスト4進出を目指したが、ウルグアイの壁は打ち破れなかった。
後世に伝えたいことは?:「ギリシャ戦でわしが決めた見事なゴールの話はしたかな?」ピッチを駆け回って(合計で44キロを走った)中盤の真ん中を支配したパクは、間違いなく韓国の選手の中で一番目立った存在だった。これが最後のW杯になったとしても、後悔することはほとんどないだろう。
南アフリカの動物にたとえるとしたら?:インパラ。俊敏で、スタミナもあるが、最後は捕獲されてしまう。
韓国の飲み屋で聞いたファンの叫び:「ルイス・スアレスめ! だが、アジアナンバーワンは我々だ。アジアのサッカーが進歩していることを証明したは

ページ 1 / 2 次へ » 


ユナイテッド戦士のW杯

パクのデータを見るには、FIFA.comのサイトへ(英語版のみ)。

ManUtd.comでは、記者5名がユナイテッドのワールドカップ出場組を追ってきたが、残念ながら全員敗退してしまったため、今週は彼らの南アフリカでの戦いを振り返る。