登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

08/06/2010  Report by Sheridan Bird
ページ 1 / 3 次へ » 

W杯:注目の若手5選手

ワールドカップでは、未来のオールド・トラッフォードのスター候補に目を向けてみよう。以下では、プレーを見てみたい有望な若手5選手を紹介する。

ルイス・スアレス
ポジション:
FW、年齢:23、所属クラブ:アヤックス、代表:ウルグアイ
移籍の可能性:アヤックスはクラブのスターを放出することに慣れており、移籍は十分に考えられる。
評価:既に輝かしい実績を持つ。W杯では元ユナイテッドのディエゴ・フォルランと共にウルグアイの攻撃陣を引っ張るだろう。アヤックスでは主将を務める。2009-2010シーズンはリーグ戦34試合で35ゴールを記録し、オランダ年間最優秀選手にも選ばれた。しかし、ただの点取り屋ではない。アムステルダム・アレナでの成功の理由の一つには、適応能力の高さが挙げられる。2008-2009シーズンは3トップの右サイドでプレー。今シーズンはどちらのサイドでも起用され、システムが4-4-2のときは2トップの一角を担った。小刻みなドリブルが得意で、スピードがあり、決定力も高い。1対1での強さは、ファンをとりこにしてきた。視野も非常に視野も広く、攻撃的MFとしてトップ下でプレーすることもできる。まだ23歳で、最盛期はこれから。ユナイテッドについて不明なことがあれば、フォルランに尋ねればいいだろう。

ジェルヴィーニョ
ポジション:FW、年齢:22、所属クラブ:リール、代表:コートジボワール
移籍の可能性:フランスリーグはあまり大きくないので、あまり長くジェルヴィーニョを留まらせることはできないだろう。
評価:チェルシーのFWディディエ・ドログバは、長年にわたりユナイテッドを苦しめてきた。コートジボワール代表チームでのその弟分ともいえるジェルヴィーニョは、3トップの右サイドとセンターの両方をこなす。強じんなボディーで相手DFをなぎ倒し、フィニッシュは強烈。欧州のトップレベルで活躍できるかとう疑念も、ヨーロッパリーグの7試合で5ゴ

ページ 1 / 3 次へ »