登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

02/07/2010 

移籍に関するゴシップ

クラブサッカーは7月上旬まで小休止となるが、その間は移籍の噂で盛り上がろう。メディアで取り上げられた移籍に関するゴシップを追う、ManUtd.com編集部のライブブログ第7週版をどうぞ。

この記事の内容は筆者の個人的な意見であり、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドFCの見解を反映するものではありません。同クラブは移籍の憶測については一切コメントしません。

噂の選手:加入74名(推定13億3200万ポンド)、放出17名(推定1億7400万ポンド)

7月2日(金)

12:43
Goal.comがスペインの『マルカ』紙の報道として、ユナイテッドがレアル・マドリーのFWカリム・ベンゼマの獲得に3000万ポンド(約40億円)を用意していると伝えた。ユナイテッドはベンゼマがリヨンに所属していたときも獲得を目指したが、失敗。しかしマドリーの新指揮官にジョゼ・モウリーニョ監督が就任したことで、ベンゼマはチームの構想外となり、移籍を考えるかもしれないという。

12:30 トップページにも出たが、マティー・ジェイムズは2010-11シーズンをプレストン・ノースエンドで過ごすことになった。健闘を祈っている。期限付き移籍といえば、『サン』紙によると、昨シーズン、レンタル先のワトフォードで活躍を見せたトム・クレヴァリー

ページ 1 / 12 次へ » 


2度目の求愛は実る?

ユナイテッドがレアル・マドリーのFWカリム・ベンゼマの獲得に再び乗り出すと報じられた。

6週目の移籍に関するゴシップはこちら

あなたの意見は?
掲示板「トーキング・ユナイテッド」に書き込もう!

ここでの意見は記者の個人的なものであり、マンチェスター・ユナイテッドの見解を必ずしも反映したものではありません。