登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

18/06/2010 

スカウティング:サンチェス

Rajesh RamanShantanu Ambekarがチリの若手FWを詳細に分析してくれた。

選手名:アレクシス・サンチェス
国名:チリ
所属チーム:ウディネーゼ
ポジション:フォワード、ウインガー
年齢:21歳
スカウティングした試合:チリ 1-0 ホンジュラス 2010年6月16日
印象に残ったプレー:スピードを生かした、小気味好いダイレクトプレーが印象的。切れ味鋭い足技で相手DFを翻弄し、チリの得点にも絡んでいた。ここまでの大会で、最もインパクトを残した選手の1人。
強み:目の覚めるような加速力とスピード、精度の高いドリブルとクロス、意志の強さを感じさせるプレーが特徴。トリッキーなスキルをいくつも持っており、ウイングや1トップとしてもプレー可能な汎用性の高い選手。
弱点:テクニックに長けている半面、ボールに触りすぎる傾向がある。フィニッシュの精度にも課題を残し、ウディネーゼではセリエAの62試合で8得点しか挙げていない。また、フィジカルが強いわけではないので、プレミアリーグの屈強なDF陣に対応する術を学ぶ必要がある。
適合性:右ウイング、あるいはルーニーをサポートするトップ下が適性ポジション。この2人は強力なコンビになるはずだ。
獲得に必要な推定コスト:W杯初戦のようなパフォーマンスを披露し続けた場合、ウディネーゼは2500万ポンド(約34億円)前後を要

ページ 1 / 2 次へ » 


チリの宝石

アレクシス・サンチェスのスキルフルなプレーはユナイテッドでも十分に通用しそうだ。

南アフリカで有望な選手を発見!? スカウティングレポートを掲示板「トーキング・ユナイテッド」に書き込もう。