登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

バレンシアはゴールラインまでわずかしかない距離で、静止状態から一瞬のスピードでマークを外すという稀有な才能に恵まれている。そこから放り込まれるクロスはシーズンを通してユナイテッドのゴールチャンスとなった。

出場数:37(11)(リーグ戦29(5)、リーグカップ2(2)、チャンピオンズリーグ6(3)、FAカップ0(1))

ゴール数:7(リーグ戦5、チャンピオンズリーグ2)

シーズン中のコメント:「アントニオは、サッカーへの取り組みという点に関しては、ポール・スコールズのような選手だ。とても謙虚なタイプで、練習では自分のやるべきことを忠実にこなし、帰宅する。ピッチ上で一番伸び伸びとプレーしているし、素晴らしい仕事をしてくれる」リオ・ファーディナンド

一言で:(元ユナイテッドのアンドレイ・)カンチェルスキス?

MANUTD.COM The Official Website

Please upgrade to the latest version of Flash Player
Once the new Macromedia Flash Player has been installed,
please revisit the site in a new browser window.

04 June 2010  Report by James Tuck
ページ 1 / 2 次へ » 

選手レビュー:バレンシア

バレンシアは入団1年目から、ウインガーとしてクリスチアーノ・ロナウドの穴埋めをする活躍をした。

シーズン全般:昨夏にウィガンからユナイテッドに加わったバレンシアは、チームにいち早く馴染むどころか、いきなりレギュラーを獲得した。ゴール前へのクロスを武器とするため、ストライカーのウェイン・ルーニーにとってバレンシアの入団は天からの贈り物だったと言えるだろう。もちろん自分でゴールを決めることもでき、10月のボルトン戦で移籍後初ゴールを記録すると、11月と12月にはManUtd.comの月間最優秀選手に選出された。チャンピオンズリーグのCSKAモスクワ戦では終盤に決勝点を挙げ、カーリングカップ決勝ではマン・オブ・ザ・マッチに選ばれた。けがによる離脱もなく、1シーズンを通して活躍し、イングランド・プロサッカー選手協会(PFA)の年間ベストイレブンにも輝いた。

注目のプレー:12月に行われた古巣のウィガンとの対戦では、ウインガーとしての真骨頂を発揮。パワー、スピード、スキルを織り交ぜたプレーでユナイテッドの最初の4ゴールのうち3ゴールをアシストすると、最後は自分で、ルーニーのラストパスに合わせて5点目を奪取した。

来シーズンへ向けて:母国エクアドルがワールドカップに出場せず、休養が取れるため、さらなる飛躍が期待される。まだ24歳と若いし、ウィガン時代は3年で7ゴールしか

ページ 1 / 2 次へ »