登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

アジアツアー2007

浦和レッズ 2-2 ユナイテッド、7月17日
ユナイテッドの得点者:フレッチャー、ロナウド

FCソウル 0-4 ユナイテッド、7月20日
ユナイテッドの得点者:ロナウド、イーグルス、ルーニー、エヴラ

深センFC 0-6 ユナイテッド、7月23日
ユナイテッドの得点者:ギグス、ルーニー、ナーニ、オシェイ、ロナウド、イーグルス

広州薬業FC 0-3 ユナイテッド、7月27日
ユナイテッドの得点者:ルーニー、ナーニ、マーティン

MANUTD.COM The Official Website

Please upgrade to the latest version of Flash Player
Once the new Macromedia Flash Player has been installed,
please revisit the site in a new browser window.

01 July 2009  Report by James Tuck
ページ 1 / 5 次へ » 

アジアツアー:2007

ユナイテッドが2007年に行ったアジアツアーの背後では、同時にさまざまな獲得及び放出の移籍の噂が飛び交っていた。

ユナイテッドはツアーの前に4人の新選手を獲得し、歴史的なシーズンの幕開けに備えていた。

オーウェン・ハーグリーヴス、アンデルソン、ナーニ、トーマス・クシュチャクが加入したユナイテッドは、すでにかなりの実力を誇るチームになると期待されていたが、負傷と代表戦のため、新加入選手の中でアジアツアーに参加できたのはナーニとクシュチャクの2選手のみだった。

パク・チソンはユナイテッドの選手として初めて母国である韓国に戻るチャンスだったが、深刻なひざのけがにより、離脱を強いられていた。一方で中国人ストライカーのドン・ファンジョウはユナイテッド選手として母国に帰るという夢を実現していた。

カルロス・テベスはウェストハムからユナイテッドへの移籍交渉が長引き、ガブリエル・エインセの放出の噂もツアーの間中メディアをにぎわせていた。

2001年のツアーと同じように、この年のアジアツアーでもユナイテッドは多くのゴールを生み出した。

ページ 1 / 5 次へ »