登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

アジアツアー2007

7月17日 浦和レッズ 2-2 ユナイテッド
(フレッチャー、ロナウド)

7月20日 FCソウル 0-4 ユナイテッド
(ロナウド、イーグルス、ルーニー、エヴラ)

7月23日 深センFC 0-6 ユナイテッド
(ギグス、ルーニー、ナーニ、オシェイ、ロナウド、イーグルス)

7月27日 広州薬業FC 0-3 ユナイテッド
(ルーニー、ナーニ、マーティン)

09/07/2010 

ツアーレビュー:アジア2007

ユナイテッドは、歴史的な年となる2007-08シーズンを前に、ファーストチームに4名の選手を補強したが、プレシーズンツアーでは、そのうち2名しか出場できなかった。

オーウェン・ハーグリーヴスとアンデルソンは、負傷と代表戦により参加できなかったが、トマシュ・クシュチャクとナーニは、ユナイテッドの選手として初めて試合に出場。ナーニは、深セン戦でゴールも挙げた。

このツアーでは9選手が得点を記録。クリスチアーノ・ロナウドとウェイン・ルーニーが3得点ずつを挙げてツアーの得点王になった。ユナイテッドは、韓国でFCソウルに4-0、中国で深センに6-0、広州薬業に3-0といずれも大勝を収めたが、日本での初戦は、浦和レッズに2-2の引き分けに抑えられた。

ツアー終了にあたってアレックス・ファーガソン監督は、次のようにコメントした。「今回のツアーには大満足している。選手全員が新シーズンに向けて十分な準備をすることができてよかった」

【関連記事】
ツアーレビュー:アジア2009