登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

07/07/2010  Report by Ben Hibbs
ページ 1 / 3 次へ » 

プレシーズンの重要性を説くコーチ

ユナイテッドは今週からカーリントンでプレシーズンのトレーニングをスタートした。新シーズンに向けたユナイテッドのトレーニングについて、アレックス・ファーガソン監督を支えるアシスタントコーチのミック・フェランに話を聞いた。

昨シーズンは残念な結末を迎えましたが、充電期間を終えた選手たちは全員がフレッシュな気持ちで新シーズンに臨めそうですか?
まだワールドカップに出場した選手たちが戻っていないとはいえ、チームの雰囲気は非常にいい。選手たちもリフレッシュした状態だ。誰もがプレシーズンの大切さを分かっているし、開幕に向けてコンディショニングに専念しなければならないことを理解している。

プレシーズンの計画について、コーチや首脳陣の意見はどれくらい取り入れられるのでしょうか?
入念な計画を立てているよ。以前と同じでも効果的なメニューは引き続き採用するが、選手たちが飽きないように新しいメニューも加える必要がある。プレシーズン、特にこの時期は難しいもので、中には数年ぶりに長期休暇を取った選手たちがいる。集中力も落ちている状態なので、早く私たちの指示に合わせて動けるようになることが大切だ。今年は例年よりも早くツアーに出るため、トレーニングはカーリントンとアメリカの2箇所で行うことになる。

現時点で合流している選手たち以外にも、後から加わるW杯出場組や負傷離脱中の選手たちがいます。どのようにして各選手のコンディショニングを管理するのでしょうか?
マンチェスター・ユナイテッドには様々なケースに対応できる設備や優秀なスタッフ、さらに経験がある。今は現在のメンバーのことに集中し、後から加わる選手たちには別のスタッフが対応に当たることになる。つまり、各スタッフが優先

ページ 1 / 3 次へ »