登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

06/09/2010  Report by Ben Hibbs

ラファエウがセレソンに

ラファエウが今週、ブラジル代表に初招集された。だが、この若き右SBのキャリアを振り返れば、そんなに驚くべきことではないだろう。

ブラジルは来月、ニュージャージーでアメリカと対戦する。現在、プレシーズンツアーに参加しているラファエウは、8月10日に代表チームに合流する予定だ。

ブラジルのマノ・メネゼス新監督は、ワールドカップ南アフリカ大会に出場したメンバーを4人しか招集しなかった。一方で、11人のニューフェイスが呼ばれ、ラファエウはそのうちの1人である。

以前、ラファエウにインタビューした時、次のW杯に出場するのが夢だと語っていた。母国ブラジルで熱狂的なサポートを受けながらプレーしてみたい、という。だが、目の前には世界最高の右SBと呼ばれるマイコンや、ダニ・アウベスが立ちはだかっているのも事実だ。

ラファエウは2008年にユナイテッドに加入して以降、大きな才能を見せてきた。一方で、まだ荒削りな部分もあり、身体を投げ出すようなタックルでレッドカードをもらったりもする。昨季のチャンピオンズリーグ準々決勝のバイエルン戦が、正にそうだった。ただし、そうした点を指

ページ 1 / 3 次へ » 


ライジングスター

「荒削りな面は、そのうち解消されるだろう。彼は今、失敗から多くを学んでいるのだ」

ラファエウのブラジル代表入りについて、コメントを募集! 掲示板「トーキング・ユナイテッド」で語り合おう!