登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

27/01/2010 
ページ 1 / 5 次へ » 

監督コラム:シティー戦

我々ユナイテッドは、オールド・トラッフォードにマンチェスター・シティーを迎えて、カーリングカップの準決勝第2戦を戦う。素晴らしい夜になるに違いない。

多くのファンがユナイテッドに力を貸してくれることになるだろう。その光景を目の当たりにすれば、誰もがユナイテッドのウェンブリー行きを確信するはずだ。

マンチェスターにそんな人がいるのかどうかはわからないが、ユナイテッド、そしてシティーのどちらのファンでもないサッカーファンは、今回の対戦は互角の戦いになると見ているようだ。シティーは彼らのホームで行われた第1戦を2-1で制しているが、今回はオールド・トラッフォードでの試合だ。我々が有利に戦えるはずだよ。

第1戦では、シティーのファンたちが選手たちに想像を絶するような声援を送って、シティーの選手たちに大きな力を与えていた。オールド・トラッフォードでも、9000人にも及ぶこの熱狂的なサポーターが存在感を示すことになるだろうが、ユナイテッドのファンがそれを大きく上回る声援を我々に送ってくれるものだと、確信している。

オールド・トラッフォードは例えようもない雰囲気に包まれるだろう。私はこれまでにもこのスタジアムで、インテルやバルセローナ、ユヴェントスなど、ヨーロッパのカップ戦で多くの素晴らしい瞬間に立ち会ってきた。今回の対戦はまさにその時の感じを呼び覚ますぐらいの雰囲気があるんだ。私がファンたちに向かって、改めてユナイテッドに対する声援をお願いする必要などないだろうね。それは自然と沸き起こるはずなんだ。ファンもこの試合を戦う選手のうちの一人だ。先日も話した通り、ユナイテッドに関わる誰もが力を合わせて、このシティー戦に臨まなければならない。全ての選手

ページ 1 / 5 次へ »