登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

15/01/2010 
ページ 1 / 4 次へ » 

監督コラム:バーンリー戦

我々はフェランを失いたくないんだ。彼は、選手としてオールド・トラッフォードでプレーしていた時も、コーチとしてクラブに戻ってきた後も、そして、アシスタントマネージャーとして2年契約を結んだ後も、多大な貢献をしてくれた。

フェランがこのクラブに留まってくれていることを嬉しく思っているよ。

バーンリーの次の監督は、厳しい仕事を強いられると思う。なぜなら、コイルは間違いなく素晴らしい仕事をしていたからね。昨シーズンはチームをカーリングカップの準決勝に導いたし、今シーズンはFAカップ4回戦まで勝ち上がっている。

コイルはバーンリーのファンに非常に人気があった。8月に我々は彼らに敗れたわけだし、彼らの能力は疑うべくもないだろう。ここ数週間の我々はあまり安定していないし、8月と同じ体験はしたくないね。

FAカップでリーズに敗戦した時は、唖然とした。あの試合のパフォーマンスは受け入れがたいものだ。予想していなかったよ。試合への入り方は良かったし、あれほど酷く動揺するような兆候は見られなかった。

もちろん、リーズが良いプレーを見せたのは確かだよ。ただ、彼らが栄光の時代を取り戻そうと必死で戦うことはわかっていたはずだ。

あの日は最悪な日だった。それでも、過ぎ去ったことだ。長く引きずるつもりはない。常に言っていることだが、失敗の後に重要なことは、いかに対応するかということだ。バーミンガム戦では、ある程度、正しい方向に戻っていることを感じることができた。

ページ 1 / 4 次へ »