登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

「フアン・セバスティアン・ヴェロンのパスは完璧だった。あのパスは、フォルランのスピードに合わせられており、適切なスピードで見事にカーブがかかっていた。そして、フォルランにぴたりと合ったのだ。フォルランはヴェロンの果敢なパスにネットが破れるかのような強烈なボレーで応えた。この得点が決まる数秒前、ユナイテッドの目には、アーセナルが地平線の遠く消えていってしまうかに見えていただろう。だが、今、ユナイテッドはアーセナルを射程距離に捉えている」
― パトリック・コリンズ記者、メール・オン・サンデー紙

MANUTD.COM The Official Website

Please upgrade to the latest version of Flash Player
Once the new Macromedia Flash Player has been installed,
please revisit the site in a new browser window.

26 January 2010  Report by Steve Bartram
ページ 1 / 2 次へ » 

OT100:フォルランの決勝弾

2002-03シーズン、ユナイテッドはアーセナルとタイトルを争っていた。その状況において、批判にさらされていたディエゴ・フォルランが劇的な決勝点を決めた。

背景:12月にブラックバーンとミドルスブラに連敗したことで、ユナイテッドと首位のアーセナルの勝ち点差は7ポイントに広がっていた。そのため、2003年1月18日にチェルシーがオールド・トラッフォードを訪れた時、アーセナルの連覇阻止を狙うユナイテッドに残された選択肢は勝利することだけだった。

出来事:試合が始まって20分間は、どちらに流れが傾くこともなく、停滞した雰囲気がピッチ上に漂っていた。しかし39分、チェルシーのエイドゥル・グジョンセンが得点し、試合に活気が生まれる。グジョンセンはフランク・ランパードのスルーパスに反応。グジョンセンが軽く触れたボールは、飛び出してきたファビアン・バルテズの上を通ってゴールへと転がった。そして続く39分、今度はユナイテッドに得点が生まれる。仲間のクリアボールに対応したチェルシーのGKカルロ・クディチーニが、ボールをサイドライン方面へと流す。だが、このクディチーニのプレーは中途半端なクリアとなり、ボールを拾ったデイヴィッド・ベッカムが、得意の右足でゴール前に美しいクロスを供給。後方から走り込んでいたポール・スコールズがフリーでヘディングシュートを放ち、ゴールネットを揺らした。失点の原因となったクディチーニだったが、失点後、イタリアからやって来た名手は、ユナイテッドの前に大きな壁

ページ 1 / 2 次へ »