登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

スナイパーのドワイトに滅ぼされたガナーズ

「昨日、22分間でのハットトリックという驚くべきプレーを見せたドワイト・ヨークのトレードマークでもある笑顔は、一際輝いていた。そして、アーセナルの間抜けなラトビア人DFイゴール・ステパノフスは“ストップ・イナフ”と名づけられた。彼とジル・グリマンディーの関係が無意味であったことは、ユナイテッド(特にヨーク)によって、冷酷なまでにさらされた。出場停止だったアンディー・コールの代わりを務めたストライカーは、代表戦に出場するため、試合後すぐにチームを離れたが、この試合で見せた勢いを持ってすれば、飛行機など利用しなくても目的地にたどり着いたことだろう」

― ショーン・キャスティス記者、デイリー・エクスプレス紙

MANUTD.COM The Official Website

Please upgrade to the latest version of Flash Player
Once the new Macromedia Flash Player has been installed,
please revisit the site in a new browser window.

23 January 2010  Report by Steve Bartram
ページ 1 / 2 次へ » 

OT100:消えたアーセナル

2001年にアーセナルがオールド・トラッフォードを訪れた際、ユナイテッドは、地平線に見える塵のようだった。そしてすぐに、同じ惑星に存在するチームではないことが明らかとなった・・・・・・

背景: 2000-01シーズンのプレミアリーグは、ユナイテッドにとって完璧なものだった。2月25日、2位に位置するアーセナルがオールド・トラッフォードを訪れたとき、首位を独走していたユナイテッドとの間には13ポイントもの勝ち点差が生まれていた。アルセーヌ・ヴェンゲル率いるアーセナルは、わずかな可能性を信じてタイトル獲得に向けて全ての力を注ぎ込む機会を迎える。しかし、アーセナルが最終ラインに多くの負傷者を抱えていたため、ユナイテッドにとってはタイトル争いの行方を決定付ける大きなチャンスだった。

出来事:オールド・トラッフォードで行われた試合の中でも、最も忘れがたい展開となった前半の序盤で、アーセナルは実質的に消え去った。試合開始から3分後、ポール・スコールズのクロスを受けたドワイト・ヨークが先制点を挙げる。その後、ティエリー・アンリが試合を振り出しに戻すゴールを決めたが、その直後にドワイト・ヨークが立て続けに2得点を挙げて、試合開始から22分間でハットトリックを達成。守備陣が不安定な対戦相手の不運を享受するユナイテッドはさらに、ヨークからのクロスを受けたロイ・キーンがGKの手の届かないところへとシュートを流し込む。そして38分には、オーレ・グンナー・スールシャールが5点目を決め、すし詰め状態だったアウェー側の観客席には、多くの空席が生まれた。そして、後半途中から投入された(グー

ページ 1 / 2 次へ »