登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

キーンの祝砲
「チャンピオンズリーグのバレンシア戦で挙げた先制点は、大きな投資に対する適度な返済のようにも見えた。しかしこのゴールは、このクラブにおける彼の重要性を示すものだったと言える。ボールを奪い、試合を組み立て、得点を決めるキャプテンなど、そうはいない」
― ジェフ・ポウエル、デイリー・ミラー紙

MANUTD.COM The Official Website

Please upgrade to the latest version of Flash Player
Once the new Macromedia Flash Player has been installed,
please revisit the site in a new browser window.

21 January 2010  Report by Steve Bartram
ページ 1 / 2 次へ » 

OT100:キーノの約束

何カ月もの間、ロイ・キーンの去就に関して様々な噂と憶測が飛び交っていた。しかし、バレンシアがオールド・トラッフォードを訪れた際に、キーンの去就が明らかにされた・・・・・・

背景:3冠の幸福感に包まれる中、気がかりな話題がオールド・トラッフォードを襲った。ロイ・キーンとの契約交渉が行き詰まったのだ。タブロイド紙は、イタリアの巨人、ユヴェントスがアルラインド人MFの獲得を熱望しており、数百万ポンドの移籍金を用意していることを示唆。チームの心臓を失うのではないかという恐怖感が、ユナイテッドファンを襲った。そんな中、1999年12月8日に行われたチャンピオンズリーグの2次リーグで、ユナイテッドはスペインのダークホースと言うべきバレンシアをホームに迎える。キーンのゴールにより、8日前に世界王者となったユナイテッドだったが、2次リーグの初戦でフィオレンティーナに敗れていたため、プレッシャーがかかっていた。そして、勝利が必要不可欠な状況の中で試合がスタート。すると数秒後、スタジアム・アナウンサーであるアラン・キーガンが発した予想外の発表によって、スタジアムの雰囲気は異様なものとなった。

出来事:キーガンは、キーンとの契約を4年間延長したというマーティン・エドワーズ(前)会長の声明を読み上げ、長く大きな歓喜の渦をスタンドに巻き起こした。その歓喜の渦は、レイモン・ファン・デル・ハウヴがハビエル・ファリノスによる近距離からのシュートをセーブした時でさえ、止むことはなかった。オールド・トラッフォードには“キーノ”コールが響き渡り、37分にキャプテンが先制点となるゴールを挙げると、さらに大きな“キーノ”コール

ページ 1 / 2 次へ »