登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

「ユナイテッドとバルセローナが3-3で引き分けるという結果は、本当に試合が白熱したものだったということを物語っている。オールド・トラッフォードで観戦することが叶わなかった誰もが、この簡単に説明することなど到底不可能な試合に立ち会えなかったことを後悔している。ユナイテッドの選手たちの勇姿を見ようと、多くの人がこの試合のビデオを見ることになるだろう。この試合の結果に、5万3000人ものファンは大きな衝撃を受け、この日ピッチで死力を尽くした選手たちが今日の朝に抱く感情を彼らもきっと共有することだろう」

― グラハム・ハンター記者、デイリー・メール紙

MANUTD.COM The Official Website

Please upgrade to the latest version of Flash Player
Once the new Macromedia Flash Player has been installed,
please revisit the site in a new browser window.

18 January 2010  Report by Steve Bartram
ページ 1 / 2 次へ » 

OT100:因縁のバルセローナ

1998-99シーズン、ユナイテッドのチャンピオンズリーグ開幕戦は、その幕切れと同じように、非常に魅惑的な試合となった・・・・・・

背景:当時、スカイ設立の立役者であるルパート・マードックが、6億2300万ポンド(当時の約1440億円)でユナイテッドの経営権を買収する交渉を進めているとの話が浮上し、かなりの注目を集めていた。ピッチ外でユナイテッドは大きな関心を集めていたが、ファンはその数日後に控えたチャンピオンズリーグでのヨーロッパ最大級のクラブとの対戦に全神経を集中させていた。ルイス・ファン・ハール監督率いるバルセローナはその頃、驚異的な勢いを誇り、流れるような美しいサッカーを得意とする強力なライバルだった。アレックス・ファーガソン監督は試合前日会見で選手たちに「彼らのペースに飲み込まれてはいけない」と、警告していた。

当時:その忠告に従って、選手たちはバルセローナに恐れることなく立ち向かい、彼らの罠をかいくぐって勇敢に戦った。5分にはオーレ・グンナー・スールシャールがシュートを放つも、クロスバーに弾かれたが、そのわずか90秒後にライアン・ギグスがルイス・エンリケとの競り合いを制し、力ずくで先制ゴールをねじ込んだ。その後、オールド・トラッフォードは前半終了まで大きな歓声に包まれることになる。ドワイト・ヨークのオーバーヘッドは得点には至らなかったものの、ポール・スコールズが追加点を決めるとオールド・トラッフォードに一層大きな歓声が沸き起こった。ユナイテッドは息つく間もなく攻撃を仕掛けたが、2-0のままハーフタイムを迎える。一方、前半には実力を出し切れなかったバルセローナだが、後半開始からわずか2分でソニー

ページ 1 / 2 次へ »