登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

「デイヴィッド・ベッカムはロスタイムの素晴らしいFKで窮地のユナイテッドを救い、フランスワールドカップでの悪夢を一掃した。ワールドカップでの一瞬でイングランド中の悪者となったベッカムに対して、ほとんどのファンが批判を浴びせかけた。しかし、オールド・トラッフォードでの初日、ベッカムは自らを非難するものたちより遥かに大きな力があることを証明した」
―スティーヴ・ベイツ記者、ザ・ピープル紙

MANUTD.COM The Official Website

Please upgrade to the latest version of Flash Player
Once the new Macromedia Flash Player has been installed,
please revisit the site in a new browser window.

16 January 2010  Report by Steve Bartram
ページ 1 / 2 次へ » 

OT100:ベッカムの復活

1998フランスワールドカップでのプレーにより、デイヴィッド・ベッカムの周囲には批判の嵐が吹き荒れた。しかし、彼がその後、初めてオールド・トラッフォードでプレーした試合は忘れ難いものになった。

背景:フランスワールドカップでアルゼンチンと2度目の対戦をしたイングランドにおいて、ベッカムは無害ではあるものの無分別にもシメオネを蹴り上げ、無情にも退場処分を受けた。そして、グレン・ホドル率いるイングランドはPK戦で敗退。英本国ではベッカムへの攻撃の刃が研がれていた。ベッカムは迎えた1998-99シーズン、メディアによる魔女狩りにさらされたのだ。ダーツボード、人形、フラッグ、国を挙げ、あらゆる方法でベッカムへの怒りを表していた。しかし、シーズン開幕戦となったオールド・トラッフォードでのレスター・シティー戦で、ベッカムは友達や家族に対するような歓迎を受ける。

当時:焼けるような8月にも関わらず、ユナイテッドは、風邪を引いたかのように出鼻をくじかれてしまう。マーティン・オニールが指揮するレスター・シティーがエミール・ヘスキーのゴールで先制。レスター・シティーは元気のないユナイテッドを相手に必死のプレーを続けていた。ユナイテッドの新加入選手ヤープ・スタムがふくらはぎの負傷でハーフタイムに交代となると、76分にはトニー・コートに追加点を奪われてしまう。ベッカムがユナイテッドの代名詞の一つである逆転劇を示唆するまで、勝負は決したかのように思われていた。しかし、残り10分となったところで途中出場のテディー・シェリン

ページ 1 / 2 次へ »