登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

「249日間の沈黙の後、エリック・カントナは試合開始から67秒で影響力を取り戻した。そして、カントナは自身が描いた台本によって、最初と最後で輝きを放ったのだ」
― リチャード・ウィリアムズ、ガーディアン紙

「彼が群集の方へ飛び出した時、ロンドンの寒い1月の夜が蘇った。だがその瞬間、ペナルティと隣り合わせだったにも関わらず、彼はボールだけを蹴った。これは狂気ではない、なぜならば、賛美が批判を押し戻したのだ」
― アラン・フレーザー、デイリー・メール紙

MANUTD.COM The Official Website

Please upgrade to the latest version of Flash Player
Once the new Macromedia Flash Player has been installed,
please revisit the site in a new browser window.

09 January 2010  Report by Steve Bartram
ページ 1 / 2 次へ » 

OT100:王の帰還

エリック・カントナは、9ヶ月間の出場停止処分にあっていた。その間、彼の不在が情をより深めていったのは言うまでもない。そして、カントナは1995年10月1日のリヴァプール戦で待望の復帰を果たすこととなる・・・・・・

背景:カントナはクリスタル・パレスのサポーター、マシュー・シモンズをセルハースト・パークで攻撃し、FAによって懲戒処分とされた。そして、リヴァプール戦でカントナは、彼を慕う多くのファンと再会を果たすことになる。カントナがピッチを離れている間、カントナとファンの間の絆はより強くなっていた。カントナ復帰の宣伝は数ヶ月間におよび、カントナの顔をかたどったTシャツと三色の国旗は売店に所狭しと並べられていた。ナイキの広告キャンペーンは復讐を約束したのだ。そして、カントナの父であるアルバート・カントナは、初めてオールド・トラッフォードへ赴くことになる。

出来事:試合が始まったとき、ファンファーレは辛うじて静まっていた。そして開始1分にカントナは、ニッキー・バットの先制弾を呼び込む。まだ紙テープがピッチの全体でひらめいていた時だった。だが、ファンの熱い声援は試合が大きく展開したことで静まった。リヴァプールのロビー・ファウラーはカントナから試合の主役を奪ったのだ。ファウラーは2ゴールを決めてユナイテッドを窮地に追いやった。だが、それによってカントナの影響力がさらに増すことになる。

ページ 1 / 2 次へ »