登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

新聞は次のように報じた。

「彼らは戦士だった。勇敢な男たちは必死に戦い続けた。彼らは、かの有名なマンチェスター・ユナイテッドの選手。もしも、この戦士たちが死の瞬間を迎えたとしても、その時、彼らの傍らには威厳と名誉が存在することだろう」
― スティーヴ・ミラー記者、デイリー・ミラー紙

MANUTD.COM The Official Website

Please upgrade to the latest version of Flash Player
Once the new Macromedia Flash Player has been installed,
please revisit the site in a new browser window.

08 January 2010  Report by Steve Bartram
ページ 1 / 2 次へ » 

OT100:守護神のゴール

1995年9月26日、ユナイテッドはUEFAカップ第2戦のロトル戦に挑んだ。

背景:それまでの39年間、ユナイテッドはヨーロッパの大会においてオールド・トラッフォードで敗れたことがなかった。しかし、ロシアのカップ戦王者であるロトルとの対戦で、ユナイテッドはその記録に終止符を打たれる可能性があった。すでにユナイテッドは、ロトルのホームで行われた第1戦をスコアレスドローで終えていた。

出来事:ロトルが早い時間帯に2点を先取したことで、オールド・トラッフォードの観衆は沈黙に包まれることになった。ブラデミール・ニデルガウスとオレグ・ベレテイコフが得点し、ロトルはスコアを0-2とした。ユナイテッドはチャンスを作るものの、それを得点に繋げることができない。しかし、どうにかポール・スコールズのゴールで1点を返すことに成功。すると、ユナイテッドは攻勢を強め、ロトルゴールを脅かす。それでも、時間は刻々と過ぎ、ユナイテッドの敗戦の可能性は強くなっていく。この時、ユナイテッドの面々は2得点を挙げて逆転し、次のラウンドに駒を進めること以上に、ホームでの敗戦を避けようという強い思いを抱いて必死に戦っていた。試合終了間際、CKの際にGKのペーター・シュマイケルが得点を狙って攻撃に参加。ライアン・ギグスの左足から放たれた高精度のパスは、シュマイケルの頭にぴたりと合い、アンドレイ・サモルコフの横を抜けてゴールへ。ボールがゴールラインを割ったか定かではないシーンだったが、副審はゴールを認め、スコアは2-2となった。絶対的な守護神の奇跡的なゴールによってユナイテッドのホー

ページ 1 / 2 次へ »