登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

18/01/2010  Report by Steve Bartram
ページ 1 / 2 次へ » 

OT100:ベンvsユーバンク

おそらく、オールド・トラッフォードで行われたフットボール以外のイベントで、最もドラマティックだったものは、1993年の10月9日にナイジェル・ベンとクリス・ユーバンクが対戦したボクシングの試合になるだろう・・・・・・

背景:WBO世界ミドル級王者のベンは、1990年の11月にバーミンガムのNECアリーナで挑戦者のユーバンクと対戦。9ラウンド目で決着がつき、ユーバンクはタイトルを獲得した。その後、両者はお互いを敵視し続けたが、3年後のオールド・トラッフォードで、ファンが待ち望んだ両者の再戦が実現した。

出来事:その頃、ベンはWBCの王者となっていたため、この試合は統一戦となった。両者は、前回の対戦よりも慎重な試合の入り方を見せたため、4万2000人の観衆はざわめいた。最終ラウンドまで予断の許さない展開が続き、両者はノックダウンを奪うべく、パンチを浴びせようとしたものの、どちらも致命的なダメージを与えることはできなかった。結局、勝敗の行方は判定に委ねられることとなった。最初のジャッジマンは115対113でユーバンクを支持し、次のジャッジマンが114対113でベンを支持。そして、最後の1人が114対114という判定を下したため、ドローが宣言された。その結果、両者がそれぞれのベルトを保持することになった。

その後:ベンとユーバンクの2人は、スティーヴ・コリンズに敗れた後にそれぞれ現役を引退。しかしユーバンクは、1998年に現役復帰を果たしている。一方、オールド・トラッフォードは、その後もフットボール以外のイベントを開催。ベンとユーバンクが対戦した1年後には、ソングス・オブ・プレイズのライブが行われ、その模様はBBCで放送された。その他にも、ボン・ジョヴィ、ブルース・スプリングスティーン、ジェネシスのコンサートが行われ、ラグビーのスーパーリ

ページ 1 / 2 次へ »