登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

新聞記事から

「午前中からオールド・トラッフォードの前には数千人のファンが詰め掛けていた。彼らは、徐々に照りつける太陽にぐったりと体力を奪われつつあった。しかし、その手にウィスキーのミニチュアボトルを握り締めた彼らは、永遠とも思われるほど長い間、待ち焦がれてきた夢がついに叶ったことを実感したのだった」
―― イーランド・クラウストン記者、ザ・ガーディアン紙

「昨夜のオールド・トラッフォードはあまりの喜びの大きさに大混乱に陥り、大勢の観衆が酔いしれながら、『ウィー・アー・ザ・チャンピオン』を歌い続けた。彼らの勢い、声、そして一体感は、イースト・ランカシャーから、あのリヴァプールが何度となく優勝の喜びを噛み締め、そして、最後にユナイテッドが王者の座についた瞬間に生まれいなかった何百万人ものサポーターが無念の思いを募らせてきた土地、アンフィールドにまで届くかのようだった」
―― ロブ・ヒューズ記者、ザ・タイムズ紙

「この栄光に涙しない者もいなければ、祝杯でのどを潤さずにいられる者もいなかった。あれこそ、『ついに王者だ』と声を大にして叫ぶべき時だったのだ」
――ジョー・ラブジョイ記者、ザ・インディペンデント紙

18/01/2010  Report by Steve Bartram

OT100:パーティータイム

26年にも及ぶ苦しい時期を乗り越え、ユナイテッドはついに王者の座に返り咲いた。優勝の瞬間に立ち会おうと多くのファンがオールド・トラッフォードを訪れた1993年5月3日、ユナイテッドはブラックバーンとのホーム最終戦に臨んだのだった・・・・・・

背景:混乱に満ちた初開催のプレミアリーグで、ユナイテッドはシーズンを通して22回にもわたって首位の座を奪い返した。しかし、約1ヶ月前のシェフィールド・ウェンズデー戦でスティーヴ・ブルースの決勝ゴールで勝利して以降は、優勝争いで致命的な失敗を犯す様子もなく、圧倒的な勢いのままユナイテッドはシーズンのクライマックスを迎えていた。前日にアストン・ヴィラがホームで下位に沈んでいたオールドハムに敗戦を喫したことで、ユナイテッドにとってホーム最終戦となるブラックバーン戦はさほど重要ではなくなっていた――ついに、オールド・トラッフォードでは26年ぶりの優勝の瞬間を迎えようとしていたのだ。

当時:優勝の瞬間が間近に迫っていたことで、選手たちはキャプテンのブルース宅に集まってプレパーティーを行った。そのため、ユナイテッドの選手たちの何人かは、オールド・トラッフォードに乗り込んできたケニー・ダルグリッシュ監督率いるブラックバーンとの対戦に、このパーティーの影響を残しながらプ

ページ 1 / 3 次へ »