登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

カーリングカップ準決勝第2戦
2010年1月27日、オールド・トラッフォード

ユナイテッド 3
スコールズ(52分)、カリック(71分)、ルーニー(90分)
シティー 1
テベス(76分)

ユナイテッド出場選手:ファン・デル・サール、ラファエウ(74分、ブラウン)、エヴァンス、ファーディナンド、エヴラ、ナーニ(90分、バレンシア)、フレッチャー、カリック、スコールズ、ギグス、ルーニー
出場しなかったベンチ入り選手:クシュチャク、ヴィディッチ、パク、オーウェン、ベルバトフ

MANUTD.COM The Official Website

Please upgrade to the latest version of Flash Player
Once the new Macromedia Flash Player has been installed,
please revisit the site in a new browser window.

27 February 2010 
ページ 1 / 2 次へ » 

ウェンブリーへの道:準決第2戦

注目度だけで言えば、カーリングカップ決勝を超える一戦だったと言っても過言ではないのかもしれない。ユナイテッドファンからはオールド・トラッフォードを揺るがす大歓声が沸き起こり、世界中の何百万人というファンたちも白熱した試合に釘付けになっていた。そして、ユナイテッドはこの日、ピッチ上で次のように宣言した。「シティーがどんなに大金をつぎ込もうとも、マンチェスターの王者は我々だ」と。

0-0で前半を終えた両者だったが、後半開始直後、こう着状態を打ち破ったのはユナイテッドだった。52分に両戦合計を同点とする先制ゴールをマイケル・カリックが演出。カリックのパスを受けたポール・スコールズが地を這うようなシュートでネットを揺らした。また、カリックはダレン・フレッチャーからのアシストを受け、追加点を決めている。

しかし、カルロス・テベスが1点を返した時には、その場にいた誰もが驚いた。この日のスコア自体は2-1とユナイテッドがリードしていたものの、両戦合計では3-3の同点だったからだ。だが、心配には及ばなかった。終盤のCKからライアン・ギグスが上げたクロスをウェイン・ルーニーがヘディングで押し込み、ユナイテッドはついにウェンブリーへのチケットを手に入れた。

ページ 1 / 2 次へ »