登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

ユナイテッドのウェンブリーへの道

カーリングカップ5回戦
2009年12月1日、オールド・トラッフォード

ユナイテッド 2
ギブソン(16、38)
トッテナム 0

ユナイテッド出場選手:クシュチャク、ネヴィル、ブラウン、ヴィディッチ、デ・レート、パク、ギブソン、アンデルソン(82分、トシッチ)、オーベルタン(62分、カリック)、ウェルベック、ベルバトフ(62分、マケーダ)
出場しなかったベンチ入り選手:エイモス、オーウェン、ギグス、フレッチャー

MANUTD.COM The Official Website

Please upgrade to the latest version of Flash Player
Once the new Macromedia Flash Player has been installed,
please revisit the site in a new browser window.

25 February 2010 

ウェンブリーへの道:5回戦

ダーロン・ギブソンによる2度の秀逸なゴールで、観客席に満面の笑みが咲き誇る中、ユナイテッドはカーリングカップ準決勝進出を決めたのだった。

アレックス・ファーガソン監督も、これは嬉しかったはずだ――若手選手たちは、この6日前に行われたチャンピオンズリーグのベジクタシュ戦で敗戦を喫したことで批判を受けていたが、この日は強豪トッテナムを相手に、多くの選手たちが将来の可能性を感じさせる素晴らしいプレーを披露したのだった。

特に、この日のギブソンは一際目を引いた。ギブソンはゴールだけでなく、中盤中央でその度胸と巧妙さを垣間見せたのだった。彼と共に出場したアンデルソンも、次から次へと強烈なタックルを繰り出し、その存在感をアピールした。

その他、ダニー・ウェルベックやリッチー・デ・レート、ディミタール・ベルバトフ、ネマニャ・ヴィディッチといった選手たちも、一段とレベルの高いパフォーマンスを披露した。パク・チソンは、この試合で8月半ば以来となるフル出場を果たしている。そして、次にユナイテッドを待ち受けていたのは、あの因縁のライバル、シティーだった・・・・・・