登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

「私がこれまで見てきた中でも最も素晴らしいスタジアムだ。これほど素晴らしいフットボール・グラウンドはなく、マンチェスターが世界に誇るべきスタジアムだ」
― スポーティング・クロニクル
20/02/2010  Report by Steve Bartram
ページ 1 / 2 次へ » 

この日に:1910年2月19日

100年前の今日、ユナイテッドはオールド・トラッフォードにリヴァプールを迎えた。そして、そこからオールド・トラッフォードの歴史が幕を開けた。ピッチ上の幸運の女神はリヴァプールに微笑んだが、マンチェスターに素晴らしい新スタジアムが誕生したことを祝う雰囲気がピッチ上に漂っていた。

背景:1909年、ユナイテッドのオーナーであるジョン・ヘンリー・デイヴィスは、新スタジアム建設のために、自身の資財から6万ポンドを捻出。ハンプデン・パークの立案者でもあるスコットランド人のアーチボルド・リーチ氏に設計を依頼した。その後、マンチェスターのメサーズ・ブラメルド・アンド・スミス社による何ヶ月にも及ぶ建設工事を経て、ユナイテッドの新スタジアムは最初のホームゲームを迎えた。

出来事:約4万5000人の観衆は、7つものゴールを目の当たりにした。マンチェスター・ガーディアン紙は、その時のピッチを「真新しく、滑らかでビリヤード台のように鮮やかな緑だった」と報じた。サンディー・ターンブルのダイビングヘッドで先制したユナイテッドは、トム・ホーマーとジョージ・ウォールのゴールを加えて3-0とした。しかし、対するリヴァプールは、アルトゥール・ゴダードとジェームズ・スチュワートの2ゴールで逆転。最終的にリヴァプールが4-3というスコアで勝利した。

出場選手:初めてオールド・トラッフォードでプレーしたユナイテッドの選手たちは以下の通りだ。 ― ハリー・モゲル、ジョージ・ステイシー、ヴィンス・ヘイズ、ディック・ダックワース、チャーリー・ロバーツ、サム・ブロット、ビリー・メレディス、ハロルド・ハルセ、トム・ホーマー、サンディー・ターンブル、ジョージ・ウォール

その後:この試合でリヴァプールに喫した敗戦は、ユナイテッドが1909-10シーズンにオールド・トラッフォードで喫した唯一の敗戦だった。アーネスト・マングノールに率いられた選手たちは、オールド・トラッフォードで行われた最後の7試合全てで勝利を収め、5位でシーズンを終えた。その順位は、前シーズンの13位という成績を大きく上回るものだった。 その時から“夢の劇場”は、マンチェスター・ユナイテッドに不思議な力を与えていた。

ページ 1 / 2 次へ »