登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

「魔法のような夜だった。オールド・トラッフォードが最高に盛り上がる中で、スコールズがユナイテッドをチャンピオンズリーグ決勝に導く素晴らしいゴールを決めたのだ」-ヘンリー・ウィンター、デイリー・テレグラフ紙

MANUTD.COM The Official Website

Please upgrade to the latest version of Flash Player
Once the new Macromedia Flash Player has been installed,
please revisit the site in a new browser window.

15 February 2010  Report by Steve Bartram
ページ 1 / 4 次へ » 

OT100:スコールズの右足

2008年の4月29日に行われたチャンピオンズリーグの準決勝第2戦、ユナイテッドはオールド・トラッフォードにバルセローナを迎えた。あの時の出来事と共に、オールド・トラッフォードを包み込んだ雰囲気を忘れることはできない・・・・・・

背景:2007-08シーズンを通して息をのむような状況が続いていたユナイテッドは、プレミアリーグの終盤でブラックバーンと引き分け、チェルシーに敗戦を喫した。
その結果、リーグ戦ではチェルシーに並ばれ、カンプ・ノウで行われた準決勝の第1戦では、フランク・ライカールト率いるバルセローナとスコアレスドローを演じてしまう。

オールド・トラッフォードで行われる第2戦を前にアレックス・ファーガソン監督は「リーグ戦とチャンピオンズリーグの準決勝は苦しい状況に置かれている」というジョークを口にした。
そして、ユナイテッドは負傷の影響により、ホームで行われる第2戦でネマニャ・ヴィディッチとウェイン・ルーニーという重要な2選手を起用することができなかった。

出来事:試合前、スコアボード・エンドには“Believe”という文字が、ストレトフォード・エンドには、ユナイテッドが欧州を制した年である“68”と“99”という数字が、それぞれモザイクで描かれた。
監督は、ホームのサポーターにチームを後押しするよう嘆願。オールド・トラッフォードは異様な雰囲気となり、サポーターに課せられたミッションは試合が始まる前に達成された。

バルセローナは立ち上がりからリオネル・メッシを中心とした攻撃で主導権を握り、その雰囲気を弱めようと試みた。しかし、早い段階で彼らは劣勢を強

ページ 1 / 4 次へ »