登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

新聞記事から
「ユナイテッドが望んだはずもないあの悲劇から、彼らは逃れる術もなかった。その悲劇が今ではクラブの基盤、サッカーの一部としてここに息づいている。悲劇はまるで神話のように語り継がれている。史上最高のチーム、そして、選手たちが自らにふさわしい成功を手にする前に打ち砕かれた。しかも、この物語にはわずかな救いすら無く、卓越した個人、才能の宝庫とも言うべき8名の命が奪われた。彼らは皆、伝説のバスビー・ベイブスであり、そして、全員があまりにも若過ぎた」
― シモン・バーンズ記者、ザ・タイムズ紙

MANUTD.COM The Official Website

Please upgrade to the latest version of Flash Player
Once the new Macromedia Flash Player has been installed,
please revisit the site in a new browser window.

13 February 2010  Report by Steve Bartram
ページ 1 / 2 次へ » 

OT100:悲劇から50年

2008年2月6日、ミュンヘンの悲劇からちょうど50周年を迎えたこの日にオールド・トラッフォードでは追悼記念式典が行われた。

背景:ミュンヘンの悲劇、23名の尊い命を奪ったこの悲惨な事故は、ユナイテッドにとって決して消し去ることのできない歴史の一部として刻み込まれている。当時のユナイテッドは国内外で前代未聞の栄光を手中に収めようとしていたが、この悲劇で選手8名が犠牲となり、伝説的なチームは無残にも引き裂かれたのだった。クラブはよろめくように後退し、数カ月どころではなく、何年にも渡って厳しい月日を過ごした。しかし、クラブは一丸となり、強い信念を持ってこの最大のショックを乗り越え、見事に再建を果たした。それから50周年の記念すべき日に、ユナイテッドはオールド・トラッフォードで追悼記念式典を行った。

当時:オールド・トラッフォードの前の広場は、終日、悲劇を悼む深い沈黙に包まれていた。イーストスタンドの前面には、サー・マット・バスビー監督率いるチームが、悲劇の直前の試合でピッチに並ぶ姿を写した巨大なポスターが掲げられた。スタジアム内にあるマンチェスター・ラウンジには、この悲劇で生き残った人々や犠牲者の遺族、クラブのスタッフ全員が集まり、2時間にわたる追悼記念式典に参加した。事故が起こった3時4分までにはラウンジの外にも、およそ5000人が集まっていた。この日のマンチェスターの晴れ渡った空と冷たい空気にふさわしく、参加者たちはバスビー・ベイブスのプレーを見たことのある人も、伝説として聞いたことがあるだけの人も、完全なる沈黙でそれぞれの哀悼の意を表した。式典の様子はスタジアムの外にも中継で

ページ 1 / 2 次へ »