登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

新聞から

「マンチェスターの冷たい雨は、ジョージ・ベストのために、マット・バズビーによって聖地に灯されたロウソクの灯を消し去ると共に、供えられた全てのマフラーとユニホームを濡らし、メッセージ・カードのインクを滲ませた。しかし、昨夜のオールド・トラッフォード大聖堂に詰め掛けた人々の記憶を、消し去ることはできなかった。そして雨が止んだとき、涙が僚友とファンの顔を伝い、ベストのスタジアムを包み込んだ歓声と、忘れられない静寂が偶然出会った。それは、1つのクラブが、彼らのレジェンドに対する悲しみで結びついた奇跡のような瞬間だった」
― ヘンリー・ウィンター、デイリー・テレグラフ紙

MANUTD.COM The Official Website

Please upgrade to the latest version of Flash Player
Once the new Macromedia Flash Player has been installed,
please revisit the site in a new browser window.

06 February 2010  Report by Steve Bartram
ページ 1 / 3 次へ » 

OT100:さよなら、ジョージ

ジョージ・ベストの悲痛な死から5日後、2005年の11月30日、忘れることのできない追悼式典がオールド・トラッフォードで行われた・・・・・・

背景:「マラドーナはグッド、ペレはベター、ジョージはベスト」とは、有名な言葉だ。これまでにユナイテッドのユニホームを着た選手の中で、最も偉大な選手として認識されている北アイルランドのウインガーは、誠実ではなくとも、11年に渡るユナイテッドでのキャリアの中で見せた、その自信たっぷりな態度や華麗さで、世代を越えた世界中のサポーターの心をとらえた。自由気ままな人生を謳歌したフットボール界の一匹狼、ジョージは、悪魔の飲み物であるアルコールに苦しめられ、2005年の11月25日に59歳という年齢でこの世を去った。国内のフットボールファンは、ユナイテッドが2-1でウェストハムに勝利した試合の前に、割れんばかりの拍手と声援で、ベストへの敬意を示した。しかし、ベストの早すぎる逝去の後、オールド・トラッフォードで行われる最初の試合で、追悼式を行うことになった。

出来事:ジョージの死の直後から、ユニホームやマフラー、花束が、オールド・トラッフォード前の広場に飾られた。そして試合当日、無数の贈り物が、11月の雪と雨にさらされていた。その日の感動は、対戦相手が、1963年にベストがデビューしたときの対戦相手であるウェスト・ブロムウィッチだったことで、より一層大きなものとなった。ユナイテッドのアレックス・ファーガソン監督は、カーリングカップの準々決勝進出を目指し、ジョージと同じくユ

ページ 1 / 3 次へ »