登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

新聞記事から

「チェルシーの無敗記録は40試合で終止符を打たれた。彼らを止めたのは、昨シーズン、無敵と言われたアーセナルの49試合連続無敗記録に幕を下した、あのユナイテッドだった。とは言え、ユナイテッドはこの勝利で再び自分たちの偉大さを証明したわけでも、本来の強さを取り戻したわけでもない。しかし、その代わりに、不屈の精神と情熱、荒々しいまでの野心、死に物狂いの断固たる決意、そして勇気溢れる鉄壁の守りを見せつけたのだった」
――ジョン・ディロン記者、デイリー・エクスプレス紙

MANUTD.COM The Official Website

Please upgrade to the latest version of Flash Player
Once the new Macromedia Flash Player has been installed,
please revisit the site in a new browser window.

05 February 2010  Report by Steve Bartram
ページ 1 / 3 次へ » 

OT100:フレッチャーの一撃

2003年から2006年まで、世代の移行期間にあり、勢いを潜めていたユナイテッドだが、ジョゼ・モウリーニョ監督率いるチェルシーはオールド・トラッフォードで、そのユナイテッドの真の力を改めて思い知らされることとなった・・・・・・

背景:2003-04シーズンの王者となったアーセナルは2004-05シーズン、ジョゼ・モウリーニョ監督率いるチェルシーにその座を明け渡す。一方、2005-06シーズンのユナイテッドは、たった1度のつまづきから徐々に調子を崩していった。アウェーでミドルスブラに1-4、リールに0-1と敗れた時点で、ユナイテッドはこのシーズン最大の低迷期を迎えていた。続出する負傷者問題がその大きな要因ではあったものの、カーリントンは、ロイ・キーンが、結果的には放送されなかったインタビューの中で数人のチームメートたちを批判したとされる事件の話題で大騒ぎとなっていた。このような状況を考えれば、ユナイテッドはここまで40試合連続無敗記録を維持し、さらに勝ち点で13ポイントも上回っているチェルシーが相手では、さらに窮地に追いやられるはずだった。

当時:ユナイテッドは、オールド・トラッフォードでのこの対戦を前に、完全に負け犬と見られていた。そのため、ホームのファンさえも、一斉に攻撃態勢で待ち構えており、アレックス・ファーガソン監督率いるユナイテッド選手たちは歯を食いしばり、何とかしてこの数週間にわたるメディアの批判に一矢報いたいという気持ちでピッチに向かったのだった。負傷離脱したキーンの代わりには、アラン・スミスが起用された。この日、ストライカーを務めた守備

ページ 1 / 3 次へ »