登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

「あなたは見ていただろうか。アレックス・ファーガソン監督が、あのバイエルン戦のスールシャールのゴールの時のように喜んでいたのを。ピッチ上は混乱に満ちていた一方で、ユナイテッドファンの歓声がスタジアムの全ての音を掻き消していた。アーセナルの無敗記録という旅は終わった。無敵だった彼らは吹き飛ばされてしまった。「信じられないチーム」は「普通のチーム」に戻ってしまった。ファーガソン監督率いるユナイテッドは、のど元を掴んで彼らの動きを止めてしまった」
― ニール・カスティス記者、ザ・サン紙

MANUTD.COM The Official Website

Please upgrade to the latest version of Flash Player
Once the new Macromedia Flash Player has been installed,
please revisit the site in a new browser window.

02 February 2010  Report by Steve Bartram
ページ 1 / 2 次へ » 

OT100:アーセナルを撃破

2004年10月、アーセナルは50試合負けなしという驚異的な記録を打ち立てた状態でオールド・トラッフォードへと乗り込んできた。しかし、ユナイテッドの中にはそれとは関係のないある思いが存在した・・・・・・

背景:2003-04シーズンのプレミアリーグを無敗で制し、その後も無敗記録を更新していたアーセナルがオールド・トラッフォードへやって来た時、アルセーヌ・ヴェンゲル率いるアーセナルとユナイテッドの勝ち点差は11ポイントも存在していた。この頃、メディアから「信じられないチーム」と評価されていたアーセナルは、2004-05シーズン最初の9試合を8勝1分けで終えていた。アーセナルは、2002-03シーズンのリーズ戦で敗戦。この敗戦により、ユナイテッドの優勝が決まったが、この試合以降、アーセナルは負けることがなかったのだ。

出来事:両チームは、豊富な資金を手に入れたチェルシーとの厳しい戦いを強いられていた。そして、この試合はユナイテッドとアーセナルの間に存在するライバル関係が最も白熱していた試合と言えるかもしれない。この試合は華麗なテクニックと激しいチャージが入り乱れる一戦となった。そして、日曜の午後のオールド・トラッフォードでは、マーク・ライリーが5回イエローカードを提示した。激しい展開になった試合だったが、簡単に得点が入ることはなく、時間は刻々と経過。アーセナルが負けることなくマンチェスターを去るかに見えた。だが73分、スコアに変化が訪れる。この日が19歳の誕生日だったウェイン・ルーニーがソル・キャンベルに倒され、ユナイテッドがPKを獲得する。キッカーはルート・ファン・ニステルローイ。イェンス・レーマンの

ページ 1 / 2 次へ »