登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

「救世主がマンチェスターに登場した。疑問を抱く者、反対を叫ぶ人、運命を予言する人物は一切存在しない。ウェイン・ルーニーは、まるで神様からの贈り物であるかのようだ。新しいカントナ? 彼はきっと最高の選手になるはずだ。彼はイングランド人である。ルーニーのためのワールドカップが、いつの日かやって来ることだろう。フェネルバフチェは懸命に戦った。しかし、救世主が出現した試合を勝利で飾ることは、彼らにとって不可能なことだった」
― ジェフ・パウエル記者、デイリー・メール紙

MANUTD.COM The Official Website

Please upgrade to the latest version of Flash Player
Once the new Macromedia Flash Player has been installed,
please revisit the site in a new browser window.

01 February 2010  Report by Steve Bartram
ページ 1 / 2 次へ » 

OT100:ルーニーの降臨

2004年9月28日、ウェイン・ルーニーは、その後に続くユナイテッドでの輝かしいキャリアの第一歩を刻んだ。

背景:当時2800万ポンド(約41億4000万円)の移籍金で、わずか18歳でユナイテッドに加入したルーニーだったが、デビュー戦となるフェネルバフチェ戦まで約96日間プレーすることができていなかった。それにも関わらず、彼はイングランドの宝として期待されていた。アレックス・ファーガソン監督によると、「過去30年間で最も衝撃的なイングランド人選手」との評価がルーニーにはあった。ユナイテッドとの対戦を前に、フェネルバフチェのクリストフ・ダウム監督は、記者会見で以下のように述べていた。「仮にルーニーがプレーするとしても、我々は彼に対応できる準備が整っている」しかし実際、彼らはルーニーを止めることができなかった。

当時:90分間を通じて、ルーニーはオールド・トラッフォードの舞台を独り占めする活躍を見せた。ライアン・ギグスのゴールで試合の均衡が破れる前に、彼はすでに、ボールキープ力と身体的な強さを示し、ファンをうならせていた。彼は、ドライブのかかった左足のシュートと正確な右足で2得点を決める。さらにハーフタイムを挟んで、ルーニーは危険なエリアで獲得したFKのキッカーを務める。およそ18メートルの距離のFKをルーニーが直接決めた瞬間、「お金の浪費だった」という皮肉に包まれていたオールド・トラッフォード周辺の雑音は、全てかき消えた。その後、ルート・ファン・ニステルローイとダヴィッド・ベリオンが加点したユナイテッドは、結局6-2というスコアで勝利した。ちなみに、ユナイテッドの選手の中で、デビュー戦でハッ

ページ 1 / 2 次へ »